FC2ブログ

世界史

.
20180920092611fee.jpg


パリ在住の竹下節子さんから近著「神と金と革命が作った世界史
ーキリスト教と共産主義の危険な関係」(中央公論新社)を送って頂いた。

毎年この時期に1冊づつ新刊書を頂いているが
音楽家としても多忙の中でこれだけの内容のものを
上梓できる能力については今更ながらに驚く。

まあ自らの尺度で考えるのでその能力に感心するのだが、
ご本人にとってはさしてどうと言うこともないのだろう。



ともかく一読したが内容が濃いだけに理解は十分ではなく
あらためて精読する必要がありそうだ。

アリストテレスと自然法から書き起こし、キリスト教そして西洋思想史の
系譜をたどりつつ、ロシアから南米、アジアなど様々な地域を巡り
キリスト教と共産主義を軸として思想の歴史を辿る。

特に神と金(カネ)と革命思想は共闘と排斥を繰り返し、三すくみ
のメカニズムが続いたとする。

そして副題にあるようにキリスト教と共産主義の関係についての
考察が今回の主なテーマだが、お陰で日本、中国、韓国など
アジアにおける近代思想の流れも良くわかる。

日本で言えば内村鑑三や志賀義男、中国では康有為や陳独秀、
朝鮮では金日成など知った名前が登場するのはうれしい。

と言うことで親近感のある人たちの登場でアジア編を楽しく感じるのは
やはり自らがアジアの人間の故だろううか。



人類500万年の歴史において数千億人が誕生しては死亡し、
また過去5千年においてメソポタミアに始まり世界に1000を
超える王朝が興亡した。

したがってヘロドトスや司馬遷など歴史は様々な人により
様々な切り口によっておびただしい数のものが書かれてきた。

今回の竹下さんの綴る世界史はまったく新たな切り口であり
極めて新鮮なものとなった。



スポンサーサイト

絶海の孤島

過日NHKで絶海の孤島の自然をとらえた番組2本を見た。

その一つは長崎五島列島よりさらに西、東シナ海に浮かぶ男女群島。
この周辺海域には毎年シロナガスクジラがやってくるようだ。

この群島は男島や女島などの島嶼から成り立っているが、
かつては遣唐船がそれを見印に進んだという。

そういえば10年余り前に五島列島の福江島に隠れキリシタンの遺跡を
訪ねたが、空海が上陸したところと言われるスポットもあった。



そしてもうひとつが横浜港から1300キロ離れた小笠原村南硫黄島。

硫黄島からさらに南下した無人島で、米国との排他的水域(EEZ)に
面している。

この火山島は誕生して以来3万年と極めて新しく、また周囲2キロながら
海抜900米と急峻で人そして鼠の侵入を防ぎ生物の宝庫となっている。

現在は調査目的以外の上陸が禁止されており、科学者とくに
昆虫、鳥類、哺乳類、植物、進化などの研究者垂涎の的のようだ。

この番組は40年ぶりに首都大学東京のチームが10日間におよび
調査活動を実施した記録。

何に驚いたかと言っても、研究者たちが風(WIND)波(WAVE)
鳥の翼(WING)という3Wに乗って渡ってきた蝙蝠、カモメ、昆虫などが
特殊進化しているのを嬉々として観察している姿。

ダーウィンやファーブル同様好きなことを仕事にするのが良いと言うことだ。

改めて日本の海域は広くその生物学的資源が豊富なことを
確認できてうれしく思った次第だ。



.

喉元過ぎれば

9月15日(土)  曇り  23度

十年前の今日、リーマンブラザーズが破綻した。

10年も経つとその日の記憶は遠く霞んでいるが
その後の激動は今も強烈だ。

その日も確か土曜日。

政府・金融当局は市場がクローズしている週末に破綻を公表するのが常となっているが、
週明けの月曜日から市場が大暴落し
世界の経済活動は未曾有の落ち込みとなった。

リーマンと言えば米4大証券の一角を占めていただけにその破綻の
影響が様々に及ぶことは推測できた。

それだけに政府が支援し続けるのが
当然とも言えたのだが。

とはいえその経営の乱脈ぶりからブッシュ政権およびFRBが
見放したのはやむをえない選択だったのだろう。

それにしてもその被害の大きさは金融危機の恐ろしさを
強く認識させることになった。



これまで金融危機についてはその都度原因の究明が行われてきた。

この百年に一度の危機については住宅市場の崩壊やCDUという
デリバティブ商品の異常な進化、ノンバンクの跋扈などが挙げられた。

そして何よりも問題視されるのが人間の「強欲さ」だ。

一億総投資家となり強欲さに身を任せて金儲け主義に走った
結果がこの惨事につながったということだ。

それを戒めるべくボルカ―ルールが作られ金融改革法が施行されて
リスクテイクやトレーデイングが制限されたのではあるが。



この未曾有の危機を乗り越えるために米中はじめ各国政府は
10年にわたり財政支出を活発化しさらに金融を緩和してきた。

そのおかげで世界経済は何とか成長軌道を取り戻したかに見えるが
同時に10年前に戒めたはずの強欲さが再び市場に垣間見えるところとなった。

すでに政府、企業、個人の債務残高は10年前に比べ40%以上と
経済成長を大きく上回るペースで増加したと言われる。

10年は喉元の暑さも忘れるに十分の長さの期間ということか。
新たな金融危機が何時、どこで起きるかについて考える良い機会だ。




.

七五三

9月10日 (月) 曇り 30度

夏の名残が残る一日、一番下の孫娘が3歳となり
本来よりも一足早く七五三に日枝神社に出かけた。

幼心にも今日は晴の日と分かるのか、赤の着物に
白い足袋そして髪飾りをつけてとても楽しい様子だ。

そして10歳になったお姉ちゃんはピンク、さらにママも黄色の着物を。

お祓いの後は写真館そして境内での撮影会となった。

この子が大人になるにはこれから20年近くはかかるが、
それを見れたらなというのが陪席したジジババ4人の偽らざる気持ち
か。

20180913073251a69.jpg

(日枝神社)

20180913073319b23.jpg

(山王稲荷)

これまで何度もこの神社に通っているが、裏手の出入口にある
山王稲荷の鳥居を初めて発見した。

このスポットは写真愛好家が取り上げる東京の名所とかで
伏見稲荷にも負けぬ鳥居は一見の価値があるようだ。


.

トランプ台風

米中間選挙を11月に控えいよいよトランプ砲が炸裂。

とくに貿易不均衡是正に向けての発言は全方位にわたり
鳴り止む気配はない。

EUとの貿易交渉が前向きに進むかと思いきや一気に
緊張感を高めている。

さらに9月下旬に予定されるFFR(日米通商協議)を前に
「新しい合意がなければ日本は大変な問題になる」などと脅迫発言。

そして肝心要の中国に対しては第1、2段で500憶ドルの高率関税を
発動済みで、さらに第3弾の2000憶ドルを準備中。

続いて第4弾として2670憶ドルに対して追加制裁を講じる
準備があると発表した。

つまり中国はじめ世界の貿易のすべてに対して高率関税を課す
見込みで、いよいよ米国は低関税を基本とした貿易自由化を
葬り去ろうとしていると言えよう。



第二次世界大戦後、世界はGATTやWTOを通じて低関税が
志向され、これを前提に国際分業体制が構築されてきた。

その代表例がアップルで、広東省の東莞で台湾企業が
アップルの液晶など部品を現地の労働力を活用して生産し
製品を米国へ輸出していた。

したがって例外なく高率関税をかけるとのトランプ発言に対し、
アップルは抗議声明を出したが、トランプ大統領は米国への
生産移転を主張するばかりで受け入れる見込みはほぼゼロだ。

つまりこれまでのサプライチエーンは分断され
ビジネスモデルは破たんすることになる。



一方米国内に目を転じれば25%近い関税により
インフレの高進がもたらされる恐れが高まった。

この増税がもたらすインフレ率の高まりは、需要増大によりもたらされる
デイマンドプル型の良いインフレではなく、悪いインフレつまりコスト上昇
によりもたらされるものである。

インフレは本来金融引き締めで対応し経済を冷やすことで
乗り越えられる。

しかし今回のような悪いインフレの場合は実際の需要が伴わない
結果金融引き締め策はただただ経済を悪化させることになる。

つまり目下の米国経済はGDP(4%台)が失業率(3.9%)を上回るという
100年来余り見ることのなかった良い状態にあるものの、一気に奈落に
落ちる危険が高まることになる。

中間選挙を前にトランプ台風はどんな被害を米国そして世界経済に
巻き散らかすのだろうか。


.


プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR