FC2ブログ

SNEP

12月9日 (日) 曇り 11度

日本海側で雪が降りようやく冬らしくなった朝、雅子妃が55歳の
誕生日を迎えたお気持ちを伝える報道があった。

内容はよく練られたもので過不足のないものであったが、
とりわけ平成を通じて両陛下が示された国民への思いに
対する敬意が述べられていた。

このように年の瀬が近づき、また平成も残すところ半年を切るこの頃、
この時代を総括する動きが増えてきたような印象だ。



この30年に渡る御代はバブルそしてその後処理の歴史でも
あったが、お陰で高度成長から低成長への変化に直撃された
世代が発生し、その傷跡が社会現象として残ってしまった。

それが就職氷河期の世代を産み、その後パラサイトシングル
やニートへとつながり社会問題の中心に据えられた。

その世代も今や40歳となり和製英語でいう「SNEP・スネップ・孤立無援者」
(solitary non employed persons)という引きこもる中年を作り出したのである。

SNEPとは本来20~59歳の人々をさすと定義されるが
近頃は20代などの若手は人手不足を映じて減少している一方で
中高年は一向に減る見込みはないという。

つまりこの中高年SNEPはSNSを使って人と交流することもなく
ひたすら孤独もしくは家族との交流の中だけで暮らしているとされる。

若いころに職業経験が乏しく職業訓練を受けたこともないだけに、
ますます社会から遠ざかったと言えよう。

その結果収入源は70代の親の年金となり、今や
「7040問題」という親子共倒れのリスクが増大しているのである。



新しい御代が始まっても平成の負の遺産とも言うべき「7040問題」は
解決される可能性はなく、早晩「8050問題」へと発展するだろう。

つまりこの世代は親世代の死亡とともに孤独な50代となり
一気に無年金そして生活保護受給者となるのだろう。

フランスのデモの背景に「パリと地方」「富裕層と貧困層」などの
格差があると言われるが、日本も新たな御代に格差がより鮮明化するのだろう。

その一端がSNEPであり、日本社会の格差拡大傾向は
新しい御代の社会問題としてより顕著となるだろう。


.
スポンサーサイト

ネーミング

山手線の品川と田町間の新駅が「高輪ゲートウエイ」と命名された。

両隣駅の名前をとって「品田」でどうかとのタモリの発言はなかば冗談としても、
公募した中でトップだったことからみても地理的にも「高輪」こそ最適だったのではなかろうか。

とくにゲートウエイと言うネット関連の専門語はなじみもなければ、
漢字とカタカナの合成語は語感的にも落ち着かない。

公募した中で130位だったこの名前が選ばれた背景にはJR内に天の声が
あったに違いないが、その人の日本語センスが疑われるところだ。

それこそ俵万智などに選んでもらえば良かったのではないか。



ことほど左様に個人、企業さらに商品などにおいて命名は極めて重要だ。

そんな状況下、創業90年におよぶ老舗「三井生命」が
「大樹(たいじゅ)生命」へと名前を変えた。

三井生命は三井グループの生命保険会社だが、数年前に
日本生命の完全子会社となっていたことから三井の看板を
降ろすようにとの要請を受けていたようだ。

「寄らば大樹の陰」を連想して安心感を与える面があるが
ちょっと古いと言う印象を拭えない。

しかし同社の主力商品の名前でもあったということを聞けば
そんなものかなと思ったのではあるが・・・

それに「大樹」(だいき)というのが平成生まれの男の子の
名前ランキングのベスト10に入っているときけばそれも一理あるか。



どちらにしてもネーミングは難しいものだが、その重要度から
言えば元号がその極みである。

上皇と天皇の二重権力を避けるためとかで4月まで公表は
先送りされているがすでに内定しているようだ。

これについては内閣が専管事項としてさまざまな学者が何十年にも
わたって研究を続けており、漢字2文字の平易な名前が選ばれる。

当然セントレアやゲートウエイと言った訳の分からないカタカナが
入るはずもなく安心してその名前の公表を聞くことができるだろう。



.



百薬の長

過日高島屋に注文していた日本酒(四合瓶)6本セットが届いた。

「銀嶺月山」(山形)、「朝日山」(新潟)、「幻の瀧」(秋田)など
有名とは言い難い珍しい銘柄ばかりでとても満足している。

ビール、ワインなどと並行して飲むことになるが、これで半年は
楽しめるのだから我ながらアルコ―ル摂取量などかわいいものだ。



日本人の日本酒消費量は好みの多様化さらに高齢化も加わって
減少を続けている。

百年前に酒蔵は兵庫、京都、新潟を中心に全国に7千ほど
あったが、今は1400にとどまる。

もともと日本人と日本酒の関係は深く、戦国時代において
大名が信長に付け届けする物と言えば味噌か酒が定番とされた。

さらに戦前の地方のお金持ちや地方選出の国会議員と言えば
酒蔵の所有者というのがおきまりだった。

つまり日本が都市化する以前の地方の経済を代表するものは
酒造りだったと言えよう。



日本酒の消費量の漸減は続いているが、ワイン、ビールなどの
アルコール飲料は健在で日本人の7割ぐらいが飲酒をする。

その結果酒で身を亡ぼす人が続出しているが、ある統計によれば大酒飲みが
1千万人、そしてアルコール依存症が100万人にのぼるようだ。

したがって飲酒運転、信号無視さらにひき逃げをした「吉沢ひとみ」
など酒にまつわる事件はあとを絶たない。

この人の場合判決を前にした謹慎期間においてもキッチンドリンクを
やめられなかったというのだから相当の依存症なのだろう。

そしてもう一人がJALの副操縦士。解雇されたうえでロンドンで
10か月の刑務所暮らしをすることになったが身から出たさびと言うことだ。

このように酒の飲み方には要注意だが、酒は百薬の長と
言われ適度に飲めば食欲も増進し健康に良いとされる。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとしであり、
ほどほどに楽しむのが良いということだ。





忖度

米国が金融正常化の道を歩み始めてはや3年、
すでにFF金利は8度引き上げられてゼロから2%に。

そして年内にもう一度さらに来年は
3回程度引き上げられ2020年に
打ち止めになると見られてきた。

このような環境下、「低金利が好きだ」と言うトランプ大統領は
パウエルFRB議長を非難し、同議長を推薦したムニューシン財務長官につらく
当たっているとも言われてきた。

そんなパウエル議長は10月3日には「中立金利から程遠い
(long way from neutaral)」とタカ派的発言をしていた。

ところがパウエル議長は昨夜「広義の中立金利をわずかに下回る
(just below the broad range of estimates of the level that would be neutral)」
とややハト派的な発言を行った。

お陰でドル買い、債券売りに傾いていた市場は過敏に反応し、
その結果パウエル氏についてトランプ大統領に気遣いを見せる
「忖度議長」と批判する声が上がった。

つまり来年度中の利上げは1度だけとの
見方が俄かに強まっているのだ。
果たしてどうなるのか?



中立金利については景気を刺激するでもなく抑制するでもない
まさに中立的な金利と定義される。

その適正水準については意見が分かれるが、現在の
米国においてはその範囲は2.5%~3.5%、つまり3%ぐらいではないかというのが支配的。

どちらにしてもトランプ大統領の牽制がなくとも金利引き上げの余地が
なくなりつつあるのは確か。

つまり依然世界が低金利にある状況からすれば、米ドルが
高金利通貨となり日々世界の金が集まってくるのは
至極当然というところだ。



中間選挙も終わりいよいよトランプ大統領は2年後の
大統領選へと動き始めた。

それでなくとも雇用の拡大を第一義にするだけに
物価の安定にも配慮するパウエル議長が気に入らないのも確か。

さらにリストラ計画を発表したGMもまた同じ。

そして中国も気に入らない。

12月1日には米中首脳習会談。

トランプ大統領は実は習近平好きとも言われる。

それだけに米中貿易戦争の終結を期待する向きもあるのだが?

年内もあと1か月。

112円70銭で始まった2018年はドル高で終わるのか
ドル安で終わるのか最後の攻防が始まる。

.

卒婚

大相撲九州場所が終わった。

白鵬はじめ3横綱が休場、そしてそれに次ぐ力士も
ころころ負けて何を見て良いのか分からない、
まれにみる低調な九州場所となった。

ただ一つの収穫は22歳の若手(貴景勝)が
優勝したことで、これで世代交代が一気に進む期待を抱かせた。

お陰で唯一の日本人横綱を擁護してきた横審もようやく
重い腰を上げて稀勢の里に「激励」という形の引退勧告を行った。

そもそも横審は横綱昇進時も含めて稀勢の里に大甘で、11場所で
30勝余りしか挙げられない横綱の存在を許してきたのは大罪だ。

いくら興行優先とはいえ弱すぎる日本人横綱と強いモンゴルの横綱
という二重基準を作ることからして間違っていたのである。




退屈な相撲中継が終わったと思いきや、貴乃花の
離婚報道が日本を覆った。

やはり貴乃花の商品価値は相撲協会を上回るようで
ワイドショーやスポーツ紙はその話で持ち切りとなった。

報道によればこの夫婦は「離婚」ではなく「卒婚」と言っているようだ。

しかし定義上「卒婚」とは戸籍は抜かずあくまでも家庭内離婚であり、
貴乃花の場合は「離婚」というのが正しいとか。

ともかく夫人としても子供が巣立ち、また相撲部屋が解散して
おかみさんから解放された今こそがそのタイミングだったのかも。

あの気難しい夫では妻もやっておられなかったのだろう。
よく23年も我慢したと言うことか



それにしても太古の昔から熱は冷めやすく、また女性が経済的な力をつけた今
離婚はかつてと異なり自由に行われるようになったのも当然だ。

しかし母子家庭は総じて貧困である現実を目の当たりにすると
やはり極力離婚は回避するに越したことはなさそうだ。

ともかく来年の参院選出馬も取りざたされる今、これからも自己中で
奇行の多い貴乃花は様々な話題を提供し続けてくれるだろう。



.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR