FC2ブログ

京都にて

201910171627360ae.jpg

(八坂の塔)

半年ぶりで京都にきた。
まず向かったのは東山の高台寺。

その参道から西南の方向に見えたのが
通称「八坂の塔」。

清水寺に隣接する臨済宗建仁寺派・法観寺の五重塔だ。

その方角には遠く京都タワーも見えたが、その昭和の建造物はやはり無粋で古都には似合わない。

2019101716305836a.jpg

(高台寺)

20191017163116dad.jpg


高台寺は豊臣秀吉を祀るべく北政所ねねが創建した。

広大な敷地に小堀遠州作の庭が広がる。

しかし外人含めて観光客が多くやや情緒に欠けた。

当時淀君や三成への政治的対抗上家康が多額の財政援助をしたという。

余談ながらこの小堀遠州の子孫は明治に入って
森鴎外の娘杏奴と結婚。

いまその孫に当たるお医者さんがわが家のそばに住んでいる。

歴史とは案外身近に息づいているもので不思議を感じた。

20191017162909faa.jpg

(アミューズ)

20191017162934551.jpg

(ワゴンデザート)

今回の旅の目的は京都の街を散策すること、
そしてウエステイン都ホテルでのんびりするため。

ホテルは来春のリニューアル再オープンを控えて工事は佳境。

と言うことでまもなく営業を中止するメンダイ「グランドビュー」で
東山の景色を見ながらお昼から結構飲んでしまった。




..

越後平野

久しぶりに三国山脈を越えて中越から下越へと
向かった。

越後平野は信濃川および阿賀野川が運んできた土砂に
よって作られた沖積平野で日本の穀倉とも言われる。

それだけにその田圃が果てしなく広がる様は壮観で、
梅雨入り前の今は田植えも終わりその整然さが印象的だ。

20190601175048bc8.jpg

(彌彦神社)

まずは越後一宮である彌彦神社にてお参り。

さらに目指した先はかつて会津藩領に属し戊辰戦争時の
佐取古戦場跡でもある「咲花温泉」へ。

この鄙びた温泉は新津と会津若松を結ぶ磐越西線の
中間に位置する。

一時間に1本ディーゼル列車が通るかどうかなので寂しい限りだが
年に何回かSL列車が特別に仕立てられた時だけ華やぐようだ。

201906011750175ae.jpg

(磐越西線・咲花駅)

20190601174955bf0.jpg

(キハ系)

越後を代表する川と言えば何よりも信濃川だが
阿賀野川も地味ながらそれなりに。

旅館「佐取館」が阿賀野川に面していたことから、
そのなみなみとした水の流れを飽きることなく終日眺めて過ごした。

2019060117491872a.jpg

(阿賀野川)



.

東山にて

昨春花水木の季節以来ほぼ1年ぶりに京都にやって来た。

投宿したウエスティン都ホテルは来年五輪前に新しくお披露目するとのことで、
目下改修工事に忙しそうだ。

従って館内至る所老朽化は否めないが、
幸い新装の部屋に入れるラッキーな旅の始まりとなった。

それにしてもここの3階レストランフロアや9階テラスから見える
比叡山・東山の景色は素敵。

これだけでも遠くから京都に来る甲斐があろうと言うものだ。

201903091006147b7.jpg

(東山全景)


取りあえず東山七条を歩くことにして、三十三間堂そして
真言宗智山派の総本山で弘法大師を祀る智積院へ。

智積院は初めて来たが、フランス人の家族連れがいただけで
観光客は一人もおらず、目に付くのはお坊さんばかり。

皆さん挨拶してくれるのには恐縮した。

201903091007147d4.jpg

(三十三間堂)

2019030910064433d.jpg

(智積院)


2日目は、まず谷崎潤一郎お気に入りの庭がある法然院へ。

そして鹿ヶ谷にある俊寛の碑を探しつつ「哲学の道」を南下し、
永観堂や南禅寺の甍を見ながら蹴上げまで歩いた。

歩き始めは少し寒かったがゴールしたときには
汗が滲んだ。

弥生3月も半ば近くになると京都でも時として北風よりも太陽が
優勢となるようで、春もそこまで来てるようだ。

20190309122724b20.jpg

(法然院)

20190309125107190.jpg

(哲学の道)


天王寺界隈

20181008130222c74.jpg

(天王寺公園などを望む)

20181008130108904.jpg

(あべのハルカス)

関西の旅も3日目。

この2日頑張ったので今朝はゆっくり起きて
のんびり朝食。

関西空港の利用者は全訪日客の3割を超えると言われる。

それだけにこの天王寺(四天王寺の短縮形との説があるようだ)のマリオット都ホテルは、
交通の便も良く国慶節休みの中国の金持ち達で溢れている。

従って57階の展望レストランでは松阪牛や鮪の刺身の
5万円の豪華コースが国慶節の間限定で提供されるのも当然か。

ともかく朝食後一番乗りで人気の60階展望室へ。

入場料が1500円だが宿泊客は無料なのが嬉しい。

空から見下ろすと大阪城や通天閣が低くて探すのに一苦労。

また浮浪者が多そうで極力避けていた天王寺公園が
案外緑が多いのが印象的だ。

それにしてもこんな上空から大阪を見たことはなかったし、
懐かしいスポットがいろいろあって感慨もひとしおだ。

大阪を離れて長いが、やはりルーツはここか?

20181008130316f90.jpg

(四天王寺)

20181008130340e8e.jpg


20181008104756bb7.jpg

(御朱印帳)

今日は半日しかないので遠出はやめて天王寺界隈を散策することに。

法隆寺で御朱印帳を買い求めた孫達の希望で聖徳太子が
建立したとされる四天王寺へ参詣。

その道すがらには大坂夏の陣の天王寺口の表示があったが、
ブラタモリするに相応しいところだ。

四天王寺はその伽藍配置に特徴があるが、
早速御朱印をもらいさらに亀が多数生息する亀池へ。

ここは筆者も小4の時に遠足で来て以来。

当時も亀が多かった記憶があるが、今も200匹はいそうで
昔も今も気持ち悪い。

今回孫達も祖父と旅して、少年老いやすく学なりがたいことなどを
多少学んだだろうか。


.

飛鳥・斑鳩

関西2日目は8人乗りの日産セレナをレンタカーして一路飛鳥(明日香)へ。

飛鳥の観光は見所が点在していて移動が鍵になる。

ハイキング姿の人が多いが、レンタサイクルも繁盛している。

ともかくアップダウンが多くてなかなかきつい。

と言うことで、飛鳥寺や橘寺の寺巡りはあきらめて
三大古墳巡りをすることになつた。

キトラ古墳は1980年代に発見されただけに初めて訪れた。

天井の天文図および白虎、青龍などの四大神の壁画が見所だ。

続く高松塚古墳は腐食が進んで当然ながら
壁画も模写しか見られない。

その衣装は韓流ドラマで見る新羅、百済と全く同じなのも当然か。

そして最後が昭和の初めに発見された石舞台。

ここが素朴で最もインパクトもあり
観光客も多かった。

地元は世界遺産を目指しているらしいが
どうなるか。

20181007200116f4f.jpg

(キトラ古墳)

201810072001574bc.jpg

(高松塚古墳)

20181007200230aa3.jpg

(石舞台)

続いて訪れたのが斑鳩(いかるが)。

法隆寺をはじめとしてこの地には何度も来ている。

五重塔、夢殿、中宮寺も良いが、今回印象に残ったのは百済観音。

やはり飛鳥時代を代表するだけに、そのアルカイックスマイルは
なんとも美しい。

20181007200326955.jpg

(法隆寺)

20181007200403bd0.jpg

(夢殿)

結局今日は飛鳥、斑鳩の2箇所を回った。

クルマが活躍してくれたが、それでも13千歩も歩いた。

お陰で夜のビールの味は格別となった。




プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR