FC2ブログ

御代替わり

2019年と年が改まって5月の即位が急速に近づいてきた。

これまで130ほどの元号において72種類の漢字が使われてきたと言う。

今回はこれまでの頻度から「永」「天」「元」などが本命だとか。

どちらにしても御代替わりなど人生で何度も経験できるわけではないので
4月1日の公表を楽しみにしておこう。

このように御代が替わる春が近づくにつれ、日本は少しづつ浮かれて
平成同様に景気そして株価が浮揚してゆくのか興味深いところである。



そんなおりさる11月末の会見において、大嘗祭の規模・費用を巡り
政府の方針に対して秋篠宮は異論を発し、「聞く耳をもたない」と異例の
宮内庁長官への苦言を呈した。

大嘗祭については明治天皇以来150年の皇室の歴史を
踏襲する官邸の方針に対し、皇紀2600年の天皇家の長い
歴史を前提とする皇室の考えとの違いが表面化したとも言われる。

実際天皇家においては天皇および皇太子、秋篠宮の3人会議が
定例的に行われており、常々リベラルを志向する現皇室と保守派
安倍政権との対立があるとも噂されている。

したがって秋篠宮発言に対し麻生副総理が真っ向から批判をするなど、
やはり官邸と皇室の対立は根深い。



このような環境下新たな御代において秋篠宮が皇嗣となる。

この結果秋篠宮は次期天皇として名乗りを挙げるとともに、
その次の天皇の父になる、つまりキーパースンだ。

翻って昭和天皇には秩父、高松そして三笠の弟宮がいた。

その関係はそれぞれ別に養育されていたこともあり普通の兄弟に
比べ稀薄だった。

そのせいもあり226事件において反乱軍は秩父宮を
担ぎ上げようとしクーデターの張本人として秩父宮が疑われたのである。

つまり兄弟の中がいくら良いとしても天皇と皇嗣の間で権力争いが
生じる可能性が高い以上、その行動は慎重が求められる。

つまり秋篠宮の行動はこれまで以上に注目されることになる。

したがって身辺整理の一環として、まずカネにルーズと言われる
眞子さんの結婚相手(将来の天皇の義兄)の問題を整理する必要があるのではないだろうか。



.
スポンサーサイト

SNEP

12月9日 (日) 曇り 11度

日本海側で雪が降りようやく冬らしくなった朝、雅子妃が55歳の
誕生日を迎えたお気持ちを伝える報道があった。

内容はよく練られたもので過不足のないものであったが、
とりわけ平成を通じて両陛下が示された国民への思いに
対する敬意が述べられていた。

このように年の瀬が近づき、また平成も残すところ半年を切るこの頃、
この時代を総括する動きが増えてきたような印象だ。



この30年に渡る御代はバブルそしてその後処理の歴史でも
あったが、お陰で高度成長から低成長への変化に直撃された
世代が発生し、その傷跡が社会現象として残ってしまった。

それが就職氷河期の世代を産み、その後パラサイトシングル
やニートへとつながり社会問題の中心に据えられた。

その世代も今や40歳となり和製英語でいう「SNEP・スネップ・孤立無援者」
(solitary non employed persons)という引きこもる中年を作り出したのである。

SNEPとは本来20~59歳の人々をさすと定義されるが
近頃は20代などの若手は人手不足を映じて減少している一方で
中高年は一向に減る見込みはないという。

つまりこの中高年SNEPはSNSを使って人と交流することもなく
ひたすら孤独もしくは家族との交流の中だけで暮らしているとされる。

若いころに職業経験が乏しく職業訓練を受けたこともないだけに、
ますます社会から遠ざかったと言えよう。

その結果収入源は70代の親の年金となり、今や
「7040問題」という親子共倒れのリスクが増大しているのである。



新しい御代が始まっても平成の負の遺産とも言うべき「7040問題」は
解決される可能性はなく、早晩「8050問題」へと発展するだろう。

つまりこの世代は親世代の死亡とともに孤独な50代となり
一気に無年金そして生活保護受給者となるのだろう。

フランスのデモの背景に「パリと地方」「富裕層と貧困層」などの
格差があると言われるが、日本も新たな御代に格差がより鮮明化するのだろう。

その一端がSNEPであり、日本社会の格差拡大傾向は
新しい御代の社会問題としてより顕著となるだろう。


.

ネーミング

山手線の品川と田町間の新駅が「高輪ゲートウエイ」と命名された。

両隣駅の名前をとって「品田」でどうかとのタモリの発言はなかば冗談としても、
公募した中でトップだったことからみても地理的にも「高輪」こそ最適だったのではなかろうか。

とくにゲートウエイと言うネット関連の専門語はなじみもなければ、
漢字とカタカナの合成語は語感的にも落ち着かない。

公募した中で130位だったこの名前が選ばれた背景にはJR内に天の声が
あったに違いないが、その人の日本語センスが疑われるところだ。

それこそ俵万智などに選んでもらえば良かったのではないか。



ことほど左様に個人、企業さらに商品などにおいて命名は極めて重要だ。

そんな状況下、創業90年におよぶ老舗「三井生命」が
「大樹(たいじゅ)生命」へと名前を変えた。

三井生命は三井グループの生命保険会社だが、数年前に
日本生命の完全子会社となっていたことから三井の看板を
降ろすようにとの要請を受けていたようだ。

「寄らば大樹の陰」を連想して安心感を与える面があるが
ちょっと古いと言う印象を拭えない。

しかし同社の主力商品の名前でもあったということを聞けば
そんなものかなと思ったのではあるが・・・

それに「大樹」(だいき)というのが平成生まれの男の子の
名前ランキングのベスト10に入っているときけばそれも一理あるか。



どちらにしてもネーミングは難しいものだが、その重要度から
言えば元号がその極みである。

上皇と天皇の二重権力を避けるためとかで4月まで公表は
先送りされているがすでに内定しているようだ。

これについては内閣が専管事項としてさまざまな学者が何十年にも
わたって研究を続けており、漢字2文字の平易な名前が選ばれる。

当然セントレアやゲートウエイと言った訳の分からないカタカナが
入るはずもなく安心してその名前の公表を聞くことができるだろう。



.



移民急増

近頃外国人を見る機会が増えた。

駅前のMACではインド人の女の子が笑顔を振りまき、
過日訪れた居酒屋ではネパール人の女の子が何人もいた。

さらにコンビニで見かけるのは日常茶飯事で、業界全体では従業員
100万人の7%ぐらいに相当する。

その仕事内容は税金の収納業務など
ややこしい作業もあり
言葉が不自由な中で良くやっていると常々思っているところ。

最近は年間40万人も増えているとかで今や日本にいる外国人は
260万人つまり40人にひとりに達した模様。

そう日本はドイツ、アメリカ、イギリスに次ぐ移民大国になったのである。



既に人口減少社会に入りとりわけ生産年齢人口の急減が加速化している。

従って単一民族社会と言われた日本に大変化をもたらす
移民が議論されてきたのである。

しかし根強い反対論を前にこの問題が先送りされたと思っていたのだが
実は政府は留学ビザの取得を甘くして「留学生」の名目で外国人労働者を
急増させてきたようである。

もちろん「留学生」の中には奨学金をもらい国立大学や大学院で学ぶ人もいるが、
大方はいかがわしい日本語学校でバカ高い授業料を取られているらしい。

その留学費用を稼ぐために多くの「留学生」は3Kの労働を強いられているのである。



外国人の実態は上記の「留学生」に加えて「日系人」が特筆される。

今や新宿区の新成人の過半は外人と言われまたパナソニックや
スバルの工場のある群馬県大泉町では日系ブラジル人が25%を
占めるに至ったらしい。

したがって治安の悪化が言われるとともに、住民税の未払いが生じたり
近い将来発生する無年金者と生活保護の増加に自治体は
財政悪化に戦々恐々としているとされる。

筆者としては移民の増加そして参政権の付与もやむないと思うものの、
ともかく移民を是とするのか非とするのか、今一度国民的議論が必要ではないか。

現状のように無しくずしで移民が増え続けるとドイツのように問題が
表面化した時に二進も三進もできないのではないか。


.

.

チャラ男

秋篠宮家眞子様の婚約者である小室圭氏が旅だった。

受け入れ先の大学は「プリンセスのフィアンセ」とHPで紹介したが
宮内庁がこれを否定。

さらに秋篠宮家から小室家に納采の儀の実施は難しいと電話連絡したと
報じられるなどこのお二人の先行きはいよいよ昏い。

そんな折皇室評論家とも言われる林真理子氏と漫画家・東村アキ子氏が
文芸春秋で眞子様そして高円宮絢子様の結婚について対談しているのだ。

「眞子様初恋をつらぬいて」と題されているように無責任な放談で、
人生ケセラセラそして人間すぐに年を取るのだからはちゃめちゃな
人生こそ面白いとしている。



小室氏については、インターからICUへの推薦入学の抜け穴を通り、さらに「海の王子」から銀行に入り
2年でやめてパラリーガルをしている経歴や地に足のつかない生き方について疑問を呈し、
まさに「チャラ男」と断じている。

そして母上のファッションが超オシャレとして褒めちぎりいやそれは
褒め殺しでさらに母子の仲良さにあきれているのだ。

その「ちゃらさ」に免疫力のない眞子様は恋に落ちたとし、とはいえ
彼は米国留学を経て成功するかも知れないので、ここは思い切って
初恋を貫いてほしいとしている。



とはいえ、高円宮絢子様の結婚を引き合いに出し結婚は家格のつりあいこそ大事とし
自分の娘については「ちゃら男」はお断りで、仕事を持つ落ち着いた男を良いとしているのだ。

具体的には、①地方出身で、②余りお金持ちでなく、③お母さんとは疎遠で
④イケメンで⑤よく食べる男と勝手を述べている。

どちらにしても宮内庁としても、男性皇族の結婚は重要だが女性皇族の
降嫁については国家的な問題は存在しないし、好きにやればよいという解釈だろうか。

果たしてお二人のこれからはどうなるのだろう。


.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR