子供の貧困

先週末NHKスペシャル「子供の貧困」を見たが、
今ネットで話題となっているようだ。

これまで「ワーキングプア」や「老後破産」など貧困問題を
扱ってきた同局のチームが新たなテーマとして取り組んだ。

対象となる貧困状態の子供とは、可処分所得の中央値の
半分以下の所得で暮らす「相対的貧困」家庭に属する。

したがって17歳以下の子どもの中では6人に一人に上り
大半は母子家庭である。



番組において貧困層の子供の具体例として挙げられたのは、
バイト疲れの高校生や、服も本も買ってもらえず、塾にも家族旅行にも
TDLにも行けない小学生たちなどだ。

またこの番組のゲストに元AKBの人気歌手・高橋みなみが出演し、
母子家庭の出身者として「一日も早く稼ぎたかった」と身の上を
語っていた。

このようにこの番組は、経済的に親が守ってくれない子供たちは
社会が守りましょう、との呼び掛けで情緒的なものだった。

したがって視聴したインテリ、経済的余裕のある人の涙腺を
緩ませる効果があったと言うが、筆者の感想は「やりきれない」
「救われない」と言ったところだ。



貧困は昔から続く古くて新しい問題だ。

エリザベス一世が17世紀初頭国民の貧困状態を見て驚き、
救貧法を制定したのが福祉のはじまりだ。

それから400年経った今も貧困は無くなる気配はなく、
新たに格差問題へと展開している。

一日1.25ドル以下で暮らす絶対貧困者が10億人にも
上る地球上から貧困が無くなるとは思えない。

また「貧困は遺伝する」とも言われるように、
社会は階級化し、階級は固定化して行くのは避けがたい。

つまり社会から貧困を撲滅するのは不可能であり、
社会が善意で手を差し伸べて解決できる問題ではない
のではないだろうか。



..
スポンサーサイト

SNS

ブログを書いている人は国内に200万人位いると言われ、
しかもAmebaブログの場合は手数料が稼げるらしい。

従って芸能人は軒並みで、トップ5だとフォロワーも
150万人を超え月300万円ほどになるとか。

その代表格である海老蔵夫妻などは
それを高額医療費に充当しているとも言われている。



そんなおりAmebaが選ぶBlog of the yearに小林麻央が選ばれた。

ご本人の弁ではガン闘病記を書き続けることが励みになる
とのことなので、第三者が口を差しはさむ必要もない。

だがブログやTVで病状をさらけ出すのも、またそれを見たりして
応援するのも自由だが、
究極のプライバシーの公表により医療費を捻出していると思うととても痛々しい。

成田屋は借金を抱え松竹が肩代わりしたと言われて久しいが、
やはり噂の域を越えているのかも知れない。



一方ブログと異なりツイッターの場合は140字以内と短いので
十分に意を尽くすのは難しい。

しかし小泉純一郎元首相のワンフレーズポリティクス同様に、
短いだけにそのインパクトはかえって大きい。

そのツールを最大限に活用しているのがトランプ大統領で
フォロワーは2千万人とも言われる。

CNNなど既成メディアを嫌い思いつくままに書いているが
お陰で政権内意見不一致が目立ち、垂れ流される情報の
何を信じてよいか分からなくなる。

またメキシコに次いで今度はオーストラリアの首相に暴言を吐いたが
70才の頑固親父は大変切れやすく国内の政敵に対するのと同様に
外国首脳にも悪態をつく。

と言うことで円安政策により外貨を稼いで米国から雇用を奪う日本への
苛立ちは大きいようで、10日の日米首脳会談はどうなることやら。

日本は為替操作などしていないと主張しつつ、70万人の雇用創出と
年金資金を使った51兆円の投資パッケージを提案するようだが、
大統領は果たして納得してくれるのだろうか。



.

新元号

小寒を過ぎ大寒に向かうこの時期は
一年で最も寒い季節だ。

昨日、今朝と東京も氷点下になり、
羽根木公園では霜柱が立っていた。

しかし顔を上げるとすでに早咲きの紅梅・白梅が
美しい。

と思いきや突然40代後半と思しきスキー帽とブーツ姿の
若作りの女性に声をかけられた。

「あらしのさくらいさんのご実家この辺ですか」

瞬間なんのことか分からなかったが、
代田に桜翔の実家があると聞いたことがある。

寒い朝に桜翔詣でとは、ご苦労なことだが
ファンとはあり難いものだ。


(霜柱)


(白梅)

ところで平成30年末の天皇ご退位が決まり
来年半ばには新元号が発表されることになり突然
かまびすしくなってきた。

今度が248個目の元号となるようだが、これまで
「永」が29回、「天」と「元」が27回登場しているとのこと。

何になるか分からないが、アルファベットのH(平成)、S(昭和)、
T(大正)、M(明治)は混乱を来すので外される見込みとか。

明治、慶応があるのだから早稲田でどうかと漫才師が
言っていたが、3文字はアウト。

ネット情報によれば、「安久」「応文」「文永」
「英治」「安始」「光文」「安明」などが候補になっているとか。

思いつきかつ中国の匂いがするので恐縮だが、
「永楽」「天安」「久和」あたりでどうか。

五輪のエンブレム同様に専門家に5個ほど選んでもらって
ネット投票でもしたら良いのではないだろうか。



.

人口減少

新春を迎えて国内に明るい話題はないかと経済誌を眺めていたら、
全く反対に「就職氷河期世代の復讐」と題した記事を見つけた。

その内容は、2016年の年間の出生者数が統計を取りだした
19世紀末以来初めて100万人を割り込んだと言う。

そしてその背景は、子供を産み育てることが期待されている
就職氷河期世代の結果が芳しくないと言うのだ。

この世代は正規社員での就職が困難を極めたことから非婚率も高く、
また2400万円もかかる子育て費用を捻出できないとのこと。

したがって合計特殊出生率は政府目標の1.8から程遠く、
1.3ぐらいで低迷したままで、ますます人口減に拍車がかかりそうなのだ。



かつて団塊の世代においては年間出生者数が250万人を超えていたが
それと比べれば本当に少子化が進んだことに驚きを禁じ得ない。

さらに40年後には年間50万人に半減するということで、単純に計算しても
21世紀後半には人口5千万人(一年の出生者50万人が100才まで生きると仮定)時代が到来する。

それでは世代間送金システムで成り立つ年金制度はどうなるのか
と言えば、2040年頃には現在の積立金も枯渇し、いよいよ制度は破綻に向けて一直線。

当然経済成長など望めなくなるのは言うまでもないだろう。



もともと日本の人口は、江戸時代が3000万人で、
明治の初期が4000万人と言われている。

つまり将来の日本はその時代に回帰することになる。

世界の人口が急増し100億人に達すると見込まれる中で、
日本は本当に小さな国になるのだが、もはやそれは避けがたい。

しかし個人の生活レベルで見れば、通勤ラッシュも緩和されるし、
大学には勉強しないでも全入できるし、土地の値段も下がっているだろうし、
案外住みやすいのではないか。

そうするとこの雑誌の記事は、表向きでは新年にふさわしくなく人口減への恐怖を
強調しているものの、実は明るい未来を示唆しているのではないかと思えてくる。

と言うことで、2017年は明るく楽天的に過ごしたいと思う。



.

高齢ドライバー

近頃高齢ドラーバーによる交通事故が頻発しており、
特に80代以上による痛ましい事故の報道が続く。

確かに高齢者の人口が多いので件数は多いものの、
人口比で見ると若者の方が事故率は高いとも言われる。

しかし、メディアには絶えず社会的なアジェンダを探す機能があり、
本来優先順位が低いテーマでも一端俎上に上がれば関連ニュースが
洪水のように流れ出る傾向があるという。

それが現在は「高齢ドライバー」であり、したがってヒステリック気味の
報道に引きずられないように注意しなければならない。



とはいえ、事故の状況をみるとブレーキとアクセルの誤操作や、
逆走など認知症気味の人々が多数運転していることも明らかだ。

そうすると町をそぞろ歩いているのも危ないわけで、そのせいか、
老人歩行者の事故率も高い。

ともかく高齢者は被害者になったとしても、加害者に
なってはいけないのが現代の世相だ。



筆者は元々上手なドラーバーではないし、しかも近ごろ車庫入れも下手になったし、歩くことは健康にも良いしと、
そろそろ車をやめた方が良いのではないかと思案している。

もちろん自分で自由に好きなところに行ける便利さは
捨てがたいし、機械が奏でるエンジン音を聞くのも楽しいのではあるが。

本当に車を辞めるかどうか、向こう2,3年で結論を
出したいと思う、今日この頃だ。


.
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR