FC2ブログ

新月

8月1日 (木)  35度

本日は新月、特にスーパーブラックムーンで
物事が刷新されるお日柄とか。

実際1859年以来の強力な太陽嵐が到来し通信機器はじめ
人間・社会への影響があるとされる。

もともとアストロロジー(占星術)は古代バビロニアに始まり
天体と社会の関係を観察した経験則である。

どこまで信じるかは難しいが、とりあえず今夜は「新月のドル売り」との
お告げが出ているらしい。

実際の相場は昨夜のFEDの利下げ発表を受けて逆にドルが
上昇しており、「新月のドル買い」に傾いているように見受けられるが。



本日未明(NY時間31日午後)、FEDは10年半ぶりに
0.25%の利下げを発表した。

市場では0.5%を期待する向きもあっただけに、
目下その失望から損切りの動きが強まっている。

パウエル議長によれば、「今回の利下げは予防的利下げ
そして中期的な金融政策の調整であり長期利下げサイクルの
始まりではない」と発言。

つまり世界経済の不確実性だけを材料に利下げするのは
トランプ大統領への忖度以外何物でもないと思われるのはやむを得ない。

今後もパウエル議長が弱腰を続けるのか否か注目されるところだ。



このように市場のかく乱要因と言えばやはりトランプ大統領。

大統領選を15か月後に控えていることから全ての
行動・発言は白人支持増を増やすため。

特に黒人が多く住むボルチモアを「ネズミだらけ」「最悪」と
断定するなど意識的に人種差別発言を連発する。

さらに中国への批判を繰り返して人民日報と激しいやりとりを
したり、介入によるドル下げへの言及も。

中期的のみならず短期的にもドル高が好ましいと言う
ムニューシン財務長官が存命の限りはそれはないと
思われるのだが。

「新月のドル売り」の現実性はともかく、
トランプ大統領の言動には引き続き要注意だ。



スポンサーサイト

洛陽

現代中国の代表的な都市と言えば北京と上海だ。

一方古代中国はと言えば、長安(西安)そして黄河中流に位置する
河南省の洛陽だろう。

洛陽は戦略の要衝として古代史に再三登場する後漢や隋の首都だ。

書籍が良く売れることを三国時代の故事では「洛陽の紙価を高める」と
言うが、これはまさに洛陽が当時の文化の中心であったことを
示していると言えよう。

同時に紙が貴重品でありすでに普及していたことも見えてくる。



このところ紀元前4世紀の洛陽を舞台に秦の恵王を描く
中国ドラマを毎日見ている。

さすが2400年前の古代中国の社会は現代と大きくかけ離れており、
再発見や新発見をしては驚くことがしばしばである。

そのひとつが紙が存在しなかった事だ。

後漢書には105年に蔡倫が皇帝に献上したと記されていることから、
紀元前後に紙が発明されたと推測できる。

したがって当時の文書は竹簡であり、それを巻くとかさ高くなり
公式文書などの保存に苦慮するシーンがドラマでも再三登場するのである。

とはいえ四書五経などの竹簡への書写で主人公が生活費を稼ぐ
シーンが出てくるなど人々の読書、教養への欲求も根強いものがあった。

この中国の発明品はパピルスや羊皮紙が使われていたトルコ、
エジプトさらに西欧へと時間をかけて伝わることになる。



紙は文字とともに文明の発達を支えた。

しかし19世紀以降科学文明が異様に発達した今、
ペーパーレス社会の到来が現実化してきた。

実際ネットの保存技術をもってすれば、かさばるハードコピーを
取ることなどは極めて面倒くさい作業となってしまったし、新聞も
ネット配信に駆逐されそうになっているのも頷ける。

今後の紙の運命は茶事に使う懐紙や書画の用具などの工芸品
またトイレットペーパーなど日用品に限定されることになるのだろうか。



.

月面着陸

宇宙空間については1950年代以来米国とスプートニク、ルナそしてソユーズ

開発するソ連との間で激しいつばぜり合いが行われてきた。

その流れの中で米国はアポロ計画を進めて1968年に
人類の月面着陸を成功させた。

この宇宙空間での各国の争いは現在も続いており、正月早々中国が
打ち上げた無人探査機が世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功した。

つまり宇宙を巡る各国の争いは、月の裏側、宇宙ステーションそして様々な惑星へと
広がり、同時に中国が米ロに割って入りその強国ぶりを発揮し米国に迫る。



中国にとっての「宇宙開発」は、中国のハイテク産業育成策
「中国製造2025」の重点領域として位置づけられており、
2030年に米ロに次ぐ「宇宙強国」達成を目指している。

この目標の達成に向け知財権を巡って米中では激しいやりとり
が続いているが、とりわけ中国のハッキングに対する危機感が
米国で募っている。

したがって米中貿易戦争について最大の課題は米国の赤字幅
削減ではあるが、同時に知財権も国防上の観点から重要な課題と
なっている。



このような状況下追加関税導入についての可否を
巡り協議が3月1日をめどに行われる。

1月7日から北京で米中次官級貿易協議が始まり、まず米国からの
輸入の拡大策について2日間協議される。

さらにこの会議に進展があれば劉鶴副首相が米国を訪問し、
知的財産権について議論を深める予定になっている。

協議については現状少し明るい見通しも出ているが、中国では
昨年末に発表された12月PMI(製造業購買担当者景気指数)が
49.4と50を切るなど景気の先行きについて懸念も高まっている。

それだけに米中貿易協議の進展が期待されるのだが
果たしてどうなるのだろうか。


.

絶海の孤島

過日NHKで絶海の孤島の自然をとらえた番組2本を見た。

その一つは長崎五島列島よりさらに西、東シナ海に浮かぶ男女群島。
この周辺海域には毎年シロナガスクジラがやってくるようだ。

この群島は男島や女島などの島嶼から成り立っているが、
かつては遣唐船がそれを見印に進んだという。

そういえば10年余り前に五島列島の福江島に隠れキリシタンの遺跡を
訪ねたが、空海が上陸したところと言われるスポットもあった。



そしてもうひとつが横浜港から1300キロ離れた小笠原村南硫黄島。

硫黄島からさらに南下した無人島で、米国との排他的水域(EEZ)に
面している。

この火山島は誕生して以来3万年と極めて新しく、また周囲2キロながら
海抜900米と急峻で人そして鼠の侵入を防ぎ生物の宝庫となっている。

現在は調査目的以外の上陸が禁止されており、科学者とくに
昆虫、鳥類、哺乳類、植物、進化などの研究者垂涎の的のようだ。

この番組は40年ぶりに首都大学東京のチームが10日間におよび
調査活動を実施した記録。

何に驚いたかと言っても、研究者たちが風(WIND)波(WAVE)
鳥の翼(WING)という3Wに乗って渡ってきた蝙蝠、カモメ、昆虫などが
特殊進化しているのを嬉々として観察している姿。

ダーウィンやファーブル同様好きなことを仕事にするのが良いと言うことだ。

改めて日本の海域は広くその生物学的資源が豊富なことを
確認できてうれしく思った次第だ。



.

フレイル

「百歳時代を生きるヒント」と題する五木寛之の本が売れるように、
寿命の長期化は目覚ましく男性81歳、女性は90歳にならんとしている。

とはいえ健康寿命については男女とも70代前半にとどまっており
そのギャップをいかに埋めるかがジェロントロジー(高齢学)の課題である。

つまり年齢とともに進むフレイル(虚弱)の克服が
医療費削減など社会経済学的に見ても重要となっている。

フレイルの兆候として体重の減少、食欲の不振など指摘される。

筆者はもともと小食のこともあり生活習慣病から解放されてきたものの、
逆にこれからは体力をつけることが最優先課題である。

したがって昨年夏から体重増加に取り組んでいるが、胃袋が小さいのか成果はいまいちだ。

ダイエットのイロハの逆をやれば良いかもとケーキ、あんこ
などに前向きに取り組んでいるものの、1キロ増やすのに四苦八苦。

ダイエットしている人が1キロ減らすにに苦労するのと
変わらない。



どちらにしても「フレイル」対策としては外出することが精神衛生上
そして健康上最も重要らしく、さらに友人を多く持つことそして食べることが
肝要だとか。

やはり「健康のためなら死んでも良い」という本末転倒気味の
気構えこそ必要なのかも知れない。

「夫達者で留守が良い」と言われるようになることが
今年の目標だ。


.


プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR