FC2ブログ

日はまた昇る?

ジョセフ・ジャパンはアイルランドに続きスコットランドと
本場の格上チームを撃破して決勝トーナメントに進出した。

その勝因はさまざま挙げられようが31人のうち16人がいわゆる
外人の有力選手たちで固められていたことがある。

日本が企業スポーツとしてラグビーに注力し、高い報酬により
外国のトップ選手を輸入したせいである。

つまり日本企業が高い経費を使えたのも日本の企業力、経済力の
故なのである。

しかし東芝のようにすでにラグビーはコストカットを進める
企業にとり金食い虫。

今回の勝利こそが戦後右肩上がりを辿った日本経済の
ピークの象徴と言っても良いのかも知れない。



一方今年もまたノーベル医学・生理学賞を旭化成の
吉野名誉フェローが受賞した。

この先生についてはかねてより同じく旭化成の研究者である友人から
噂は聞いていた。

企業の研究者が90%は無駄に終わると言われる基礎研究で
受賞するなど、日本の企業の懐の深さ以外の何物でもないだろう。

そして湯川博士以来すでに30人近くがノーベル賞を受賞したことは
ひとえに日本の国家成熟の結果と言ってもよいだろう。

近代国家として坂の上の雲を目指し胎動をはじめて150年。
また戦後の復興を開始して70年。

ついに日本は経済力を礎にスポーツ・学問を通じ国家として
頂点に達したと言っても過言ではないのではないか。



それではこれからの日本はと言えば、すでに国家の根幹をなす
経済力について、高齢化が進み総人口はもちろん
生産年齢人口の落ち込みは急。

そして国家予算は徐々に窮屈になっており、科学に使うお金を惜しむ
発言を繰り返した女性議員を見ても明らかなように国はすでに基礎研究に
使うお金に窮しつつある。

実際大学においては就職先探しに苦慮し、進路に窮するポストドクターが
溢れていると言う。

こんな惨状において良い研究ができるとは思えない。

カネの切れ目が縁の切れ目と言うように、今が国家のピークかと
ラグビーの勝利とノーベル賞受賞を喜ぶ一方で将来を慨嘆したのである。

歴史を振り返っても衰退を始めた国家が復活する例は乏しく
日はまた昇らないと覚悟すべきと言うことか。



.
スポンサーサイト



元町界隈

9月25日(水) 晴 29度

久方ぶりに「浜の相場師」こと野村さんを訪ねて
チャーミングセールで賑わう横浜・元町に出かけた。

鞄のキタムラはじめ各店は中年女性でごった返しており、
宝飾店スター・ジュエリーだけが閑散としていた。

それにしても横浜の異国情緒は日本人にはとても人気だが
外国訪問者には魅力がないようでインバウンド需要と無縁らしい。

と言うことでそれを埋め合わせようと山下ふ頭でカジノを招致すべく
林市長が地元企業とタッグを組み、それに反対する良識派住民との
小競り合いが続いているとのこと。

2019092608025347f.jpg

(元町ショッピングストリート))

2019092608033946c.jpg

(スター・ジュエリー)

ランチは趣向を変えて中華街ではなくフランス料理
「LE PETIT COURAGEUX(小さな勇気)」にて。

小ぶりのこのお店は横浜のマダムたちにいたって人気のようで
料理もドリンク込みのフルコースで3300円とコスパ最高。

そのあとは元町から本牧に抜ける代官坂に面した
可愛い喫茶店でゆったりとした時間を楽しんだ。

20190926080413310.jpg

(オードブル)

20190926080312002.jpg

(代官坂にある喫茶店)

相場師の話で最も興味を引いたのが
横浜を中心に繰り広げられている  ラグビーワールドカップ関連。

今回の優勝候補はニュージーランド、南ア、オーストラリアの
南半球3か国に北半球を代表するアイルランドとイングランド。

野村さんの解説では南半球の通貨の今年度の動向は
上から順に南アランド、豪ドル、NZドルと続いているようで
したがってラグビーもこの順位になるのではとのご託宣であったが・・・・・・

北半球の2か国つまりEU離脱でもめる英ポンドのイングランドや
欧州債務危機の発火点となったアイリッシュパントのアイルランドは頭から
無理と言うことか。

ともかく秋の好日楽しく横浜・元町で過ごしたのである。

20190926085026945.jpg

(ラグビー仕様のありあけハーバー)

不思議のデブ

近頃テレビなどでもよく見かける売れっ子評論家を挙げれば
ともに30代前半の三浦瑠璃と古市憲寿だろうか。

三浦瑠璃と言えば国際政治学者・藤原帰一の弟子で
ソフトな語り口ながらズバリ言う。

今般吉本興行の経営アドバイザリー委員になったらしいが、
果たして老人たちに交じって極道の世界と紙一重と言われる
芸人の世界に一石投じることができるのか?

一方KYを装いつつずけずけモノ申す社会学者・古市は
芥川賞に2回連続で最終選考に残るなど多士多才。

しばらくその才能は光輝くのだろう。



ということでそのエッセイ集を読んだが、その中のひとつ
「デブに不思議のデブなし」が興味を引いた。

野村克也監督の名言「勝ちに不思議の価値があれど
負けに不思議の負けなし」をもじったようである。

つまり負けに必然的理由があるのと同様にデブになるのも
意志の弱さや体質などそれなりの必然があるということらしい。

実際長年飢餓と寒さと隣り合わせに生きてきた人間には食べれる時に
食べておこうという本能が備わっているから多くの人はついつい食べてしまうのだ。

逆に少数派に属する筆者はここ数年太ることを念頭に
ダイエット法と逆のことをしているが、やはりダイエット同様
その逆も難しいと実感しているところだ。



「夏は宇治金時」が効果的と思い氷を食べながら高校野球を
見ては「負けに不思議の負けなし」を学んでいる。

それにしても近頃の東北の高校の躍進は目覚ましいが、
その背景にスカウト力があるようにメンバーのほとんどが
関西からの留学生ばかり。

したがって八戸や鶴岡などの学校は大阪の第二代表と
言った感じになっており地元感覚で応援したのである。

ということで「不思議のデブと不思議の負けはない」とは
誠に至言であると痛感した夏だったのである。




.


猛暑到来

5月26日(日) 晴 33度

未だ5月というのに真夏日が続くこの週末は
まさに異常気象そのものだ。

そんな中昨日は熱中症に注意を払いながら、
小学校を梯子して運動会を観戦した。

かつて運動会と言えば稲刈りを終えた一家が
総出でお弁当を食べ声援すると言うのが秋の
風物詩だったはずだが。

いつの間にやら「運動会」と言えば春の季語となり、さらに近頃は午後の暑さを
回避するために午前中で終わる学校が増えているとか。



それにしてもこの暑さは北海道にも及び、
佐呂間町では何と39℃を超えた。

そんな折気候変動の元凶と目される二酸化炭素の
排出規制に反対するトランプ大統領が来日した。

この猛暑を体験すれば自らの主張を考え直してくれるかも
と期待する声もあるがどうだろうか。

本日は千葉茂原でゴルフの後、国技館を訪れるなど
元気なご老人にとってはこの程度の暑さはお構いなしのようだ。



大相撲夏場所は白鵬休場で全く盛り上がらなかった。

と言うことで当初から注目していたのは千秋楽の
トランプ大統領の来訪とその警護体制。

その警備を心配したが座布団が舞うこともなく
平穏に終わった事はなによりだ。

今回授与された大統領杯は重さ40キロ
高さ1.4米で天皇賜杯よりも一回り大きかった。

つまらないところで米国の威信を見せられて
何だか興ざめ。

ともかく格闘技好きのトランプ大統領は相撲を気に
入ったのだろうか、好角家としては聞いてみたいところだ。



.

パリの散歩道

3月24日 (日)  晴 15度

パリに出かけていた長女が無事に帰国し、
留守番の御駄賃にパリのお土産をいくつかもらった。

早速早起きして駅前のパン屋さんでバゲットを買い
パリの味と香りを楽しんだ。

その内容はエシレの無塩バター、クリスティーヌ・フェベール
のマーマレード、そしてカマンベールと青かびのチーズ。

さらにマルゼルブ通りのオフィスの向いにあった紅茶店
ベジュマン&バートンの紅茶。

なんとも贅沢な日曜の朝食となったのである。

20190324094200211.jpg


昨夜は世界フィギュアでケガから復帰した羽生結弦が
貫禄を見せたが残念ながら2位に終わった。

ネイサン・チェンに4回転ジャンプをあれだけ連発されたら
顔色を失ったというところだ。

それにしてもフィギュアスケートは振付とともに音楽も重要な
構成要素である。

羽生がソチ五輪の時に使ったエレキギターの哀愁に富んだ
「パリの散歩道」は最高の出来栄えに花を添えた。

この曲は秋深まるブーローニュの森を散歩しているような気分に
させてくれたように、味、香りそして音楽などが時々昔を思い出させてくれるのである。



マルセル・プルーストはマドレーヌと紅茶で遠い昔へタイムスリップし
大作「失われた時を求めて」を完成させた。

筆者もまたフランスの紅茶とバター・チーズと言った味と香りで
四半世紀もの昔を懐かしく思い出したのである。


.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR