大家族

少子高齢化が言われて久しく、家族は孤老や独身など
ひとりが中心で、最大でも子供2人の4人の小家族が定番となった。

そして貴重な子供には最高の教育を施すのが当たり前となり、
子供たちもどろんこ遊びよりもお稽古通いで忙しい。

したがって昨今大家族で雑草のように育つ子供の話を
聞くことが無くなっていたのだが、その例外を発見した。

それがハリルジャパンの22歳の新星・浅野拓磨だ。



この人は、過日オーストラリア戦で決勝ゴールをあげて一躍スターとなった。

TVドキュメンタリー番組によると、四日市にある浅野の実家は
20代の男6人と年の離れた6才の妹の7人兄弟妹。

父親は長距離トラックの運転手で母親が子育てと
パートに追われる主婦。

両親が語るところでは、男兄弟は皆スボーツ倶楽部に入っていたが、
合宿費もままならず、生活は火の車だったとか。

ただ浅野選手は有名サッカー校からスカウトされ、学費を何とか工面して
進学させたのだが、家貧しくて孝子出ずとはよく言ったもの。

その甲斐あって浅野は高校一年から全国大会で活躍し
スカウトの目に留まって広島サンフレッチェへ480万円で入団。

さらに3年後には英国アーセナルへ移り目下独のシュットガルトへレンタルされて
年収は10倍になり、今回日本代表の先発メンバーとして活躍するに至った。



「僕は親孝行をするためにプロになった。金銭面もそうだが、活躍してテレビに映っている姿を
家族に見せるだけでも、元気や喜びを与えられると思う」とも。

両親への感謝を決して忘れていない浅野選手の
人柄はこの豊な時代には貴重だ。

大家族で兄弟がしのぎを削りつつも仲良く暮らすのは
昔の日本の大家族の美徳と言えようか。

確かに今の日本はリッチになり貧しさはほぼ消滅したが
同時に失ったものも多い。

いまさら多産社会に戻る訳はないが、昭和は遠くになり価値観は変質している。


.
スポンサーサイト

千秋楽

久しぶりに大相撲秋場所を観戦に両国国技館へ。

千秋楽だけに協会挨拶、三役そろい踏み、優勝決定戦、
国歌斉唱、優勝者インタビューなど盛り沢山。

特に今場所は横綱・大関7人のうち5人が休場し
前代未聞の低調な場所となっていた。

それだけに優勝決定戦にもつれ込んでの日馬富士の
逆転優勝に館内は異様に盛り上がった。





今日は早い時間に国技館に入り、お弁当に枝豆・焼き鳥を
食べビールを飲みながらの相撲三昧。

幕下あたりは観客も少なかったが、大きなカメラを抱えた
相撲女子(スー女というらしい)の姿が目立った。

特に下位力士にご贔屓がいるようでその黄色い歓声はとても熱い。





お土産はバスタオルやコップに焼き鳥、シウマイ、
甘栗、あんみつなど定番の数々。

海老蔵も来場して傍に居て、リアルタイムで
ブログを更新していたようだ。

歌舞伎ともども相撲人気も順調と言ったところか。



最後の車

11年65000キロ乗り続けた赤のシトロエンを乗り換えた。

十分乗ったと思っていたが、17年とか19年も乗った人の
話をきいてもう少し乗れたかなと思ったりしてもいる。

でも機械はひと知れず疲労するし、何だか変な音が
エンジンルームから聞こえたりすると動揺する。

実際過日は浅間山麓でエンコしてレッカーを頼んだ。

幸い近くに親切なおそば屋さんがあって大過なく済んだが
やはりこんなトラブルは勘弁してもらいたいところだ。



と言うことでカラフルなルノーとかアウディも視野に入れたが、
結局地味目に黒のマツダに落ち着いた。

まあ日本車は堅実に走ってくれるのではないかと期待している。

ちなみにシトロエンのサービスマンが「輸入車は気難しい」といっていたのも
満更嘘でもなく、特に地方へ行くと整備工場が見つからないことで不便するのも確かだ。



このような顛末で「最後の車」に乗り出したのだが
しばらくは慣らし運転。

久しぶりに上信越や関西へ遠出しようかと思っているところだが
踏み間違いが多発する折から何よりも安全運転に徹したい。



.

春場所

「荒れる春場所」と言われるように、
今年もそのとおりとなった。

白鵬の休場で始まり、終盤に至り本命の稀勢の里が負傷して暗転。

しかし「見えない力」?が働いて稀勢の里が劇的逆転優勝した。

それにしても当人の言う「見えない力」とは何だったのだろうか?

ともかく長い停滞を経て同期の日馬富士に遅れること4年半で
横綱になったがこれから黄金時代を迎えるかもしれないのは何より。



今場所特筆されたのは年配ファンが目立つ中で、フィギュア界の新星で
浅田真央の後継者となった15歳の本田真凛ちゃんが観戦にきたことだろう。

スケート一家の可愛い3姉妹と兄がマス席に陣どったが、
若い人たちが楽しむ姿はほほえましい。

今後も相撲は新たな世代に引き継がれて行くのだろうが、
成長株が育ちつつあるのも喜ばしい限り。



一方、三月の歌舞伎座は海老蔵の「助六由縁江戸桜」が華やかで
なかなかの評判だ。

特に助六が吉原の遊女や花魁たちにもてる姿を、
舞台の上の出来事とはいえ長女麗禾(れいか)ちゃんが
嫌がっているとか。

そんな話を耳にするとまた見に行きたくもなるが、
前回はと記憶をたどればあの堀越勸玄くんの
初お目見えに行って以来だから、1年半もご無沙汰。

相撲と歌舞伎と言えば江戸古典芸能の双璧だが、
どちらも甲乙つけがたく面白く感じるのは年齡のせいか。

どちらにしても千秋楽以降の数日、
相撲ロスに襲われるのは困ったものだ。



おらが横綱

1月は「いぬ」、2月は「にげる」、3月は「さる」、と言われるように
この季節の月日の流れは早く、あっと言う間に2月に入った。

すでに花粉が飛び始め、筆者も早速眼科で目薬を処方して
もらわねばならなくなった。

春の足音が聞こえてくるのは嬉しいが、
やっかいな早春の一コマだ。



ともかく1月はトランプ大統領の就任と稀勢の里の
横綱昇進で明け暮れる毎日となった。

それにしても米国では矢継ぎ早に大統領令が発布され、入国制限など選挙の
論戦のテーマでしかないと思われた様々なことの具体化が図られている。

どうやらトランプ大統領は全て本気のようで、今後70歳の頑固老人が
他人からの意見で方針を変えるとも思えない。

これからますますメキシコ、中国、日本などとの壁を高くして、
米国第一主義を貫徹して行くのだろう。



一方日本国内は至ってのどかで、事件と言えば、稀勢の里が
オオアマの推挙で19年ぶりに日本人横綱に昇進したことぐらい。

相撲ファンの筆者も余りに突然のNHKおよび世論の盛り上がりに
ついて行けず、あれよあれよと言う間の明治神宮での土俵入りとなった。

かつて3場所で2度優勝するなど圧倒的な強さを誇った小錦が
横綱昇進を阻止され、白鵬も厳しい判断で横砂昇進に待ったがかけられた経緯があった。

それは人種差別そのものであり、「日本人ファースト」は
ウインブルドン現象が顕著になればなるほど、強く蔓延するようだ。

つまり米国で移民社会が進化するほどに、
白人ファーストの意識が強まるのと同じことかも知れない。

ちなみに稀勢の里が生まれ育った竜ケ崎市と中学の2年間住んだ
隣町の牛久市では横綱の出身地の本家争いが勃発しているようだ。

すでに両市は名誉市民賞を送り、「おらが横綱」を主張しているのだ。

世の中グローバル化が進みベクトルが外向きになっているはずが
実際には反作用として内向きのベクトルも強まりミクロな戦いが生じているということか。



.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR