パリの日本人

日本と欧州の接触について少し調べようと、
「幕末遣欧使節」(宮永孝)や「パリの日本人」(鹿島茂)など
いくつかの書籍を当たってみた。

江戸幕府による遣欧使節は文久年間(1862年)に始まる。

総勢36名で英国の軍艦で行き、一年あまりをかけて、
英仏独露蘭を訪問し病院、製鉄所などを視察している

さらに慶応年間の徳川昭武一行の万博参加なども含め8回にわたり行われた。

その姿はマルセイユ経由で入ったパリで目撃されては新聞で報道され、
ホテル・ルーブル、ルグラン、スクリーブなどで人だかりができたという。

よほどちょんまげに大小二本指は珍しかったようで、その群衆にいた
ゾラだったかモーパッサンだったかは「サルだ」と言ったとも伝わる。



日本から欧州へ渡った者と言えば、16世紀中葉ザビエルの帰国に伴った者が
いたとされるが、正式な記録では天正少年遣欧使節、さらに支倉常長の
慶長遣欧使節が最初だ。

その後は鎖国政策のため、西洋を見聞するのは薩摩藩など
の組織的密航か漂流者に限定された。

その中で特筆されるのは、寛政年間に大黒屋光太夫がロシアに、
そして探検家・間宮林蔵が樺太から清の黒竜江を遡上したこと。

さらに土佐の漁師・ジョン万次郎や播磨の漁師・アメリカ彦次郎などが
捕鯨船に助けられて米国で教育を受けている。

前者は後に幕府に取り立てられて旗本から東大教授になり、
後者は米国籍に転じハリスの下で横浜の米領事館の通訳となり
さらに新聞社を興した。

このような人々が日本人として西洋文化に触れる先駆者となった。



明治に入り欧州への留学は一般化し、特に皇族・華族の
遊学は当たり前となる。

パリで10年にわたり真面目に勉強した西園寺公望などの
一部例外を除き、多くはバカロレアをあきらめパリで楽しく過ごしていたようだ。

その極め付けが、1920年代に明治天皇の娘3人を
妻とする条件で宮家を継いだ北白川、朝香宮、東久邇の3宮家の当主たち。

この人たちはパリで優雅に暮らしていたようで、ノルマンディーに
ドライブに出かけ国道から外れて木に激突して北白川宮は死亡、
夫人さらに朝香宮も足を引くようになったと言う。

この事件は日本にも伝わりその素行については
かなり問題視されたようだ。

今では三笠宮(ヒゲ殿下)や浩宮などに見られる通り
王室がないせいか、渡航先はフランスではなく英国が定番となっている。

ともかく片道40日もかかった幕末の頃に比べると
欧州への旅も随分楽になったものだ。



.
スポンサーサイト

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

元旦はいつもの通りお節料理と
岩国の酒「獺祭」で新春を寿いだ。

今日は、明日から娘たち家族が訪れるのに
備えて静かに過ごす一日となった。



年末は少し風邪気味で掃除をさぼりこたつで読書。

一年の最後に読んだのは、奈良大学の教授で万葉学の
研究家である上野誠の「天平グレートジャーニー」。

作家のような文章は書けないとご本人が言うような場面もあるにはあったが、
構想は大きく、この人にしか書けない学芸エンターテイメント。

主人公である下級貴族・平群広成(へぐりひろなり)は遣唐使に選ばれ
平城京から長安へ行くが、帰途嵐に遭い安南(ベトナム)へ漂着。

それ以降長安に戻り、さらに渤海を経て出羽の国にたどり着く
7年間にわたる苦労の旅の物語だ。



主人公を取り巻く人物として、山上億良はじめ在唐の阿部仲麻呂や
吉備真備などが登場するが、それぞれが活写されていて面白い。

そして天平時代と言えば玄宗皇帝がおり、朝鮮半島に新羅
さらに中国東北部で渤海が立ち、日本は東端の小さな存在。

当時の外交関係がよく分かるのは大学の先生が
執筆するものであるだけに当然か。

冒険譚が好きな方にはおすすめの一冊。
ランチを一度抜くと,(つまり900円で)2日間楽しめます。


.

ナポレオン

師走に入った週末、大阪での結婚式に行くために
のぞみ号で一路西へ。

青空が広がり富士山の写真をと狙ったが、
一筋の雲が邪魔をしてシャッターチャンスを逃し、
やっと撮れたが以下のような仕上がりとなった。



今回の道中のお供は、竹下節子さんから頂いた
新著「ナポレオンと神」。

赤がポイントの綺麗な装丁と大好きなナポレオンが
テーマだけに読むのを楽しみしていた一冊。

竹下さんは10月に帰国され、信濃町のホールで
「フランスのカソリック事情」について講演されたばかり。

そこは敬虔なカソリック信徒と熱烈な竹下ファンばかりで
同級生だけの資格で参加している無信心ものが
違和感を感じるのは当然でもあった。

それにしても竹下さんも94年の「パリのマリア」以来
30数冊目となるこの一冊。

すごいとしか言いようがないのは自分の物差しで
測る故であり、ご本人はどうということはないのだろう。



ところで本題の「ナポレオンと神」。

ナポレオンは15歳でコルシカ島を船出して、途中エルバ島に流され
最後は大西洋の孤島セントヘレナ島で51年の人生の航海を終えている。

そのフランスでの人気は絶大で、筆者もファンになり生地アジャクシオには
2度も行く機会に恵まれ、その丘の上からエルバ島を眺めた。

あとセントヘレナに行けば三冠王というところで、近々ロンドンあたりからも
飛行機が飛ぶらしいが、その機会は絶対ないだろう。

人間、特に女性はだれしも英雄が好きで、
塩野七生の「ローマ人の物語」も第5巻「カエサル・ルビコン以後」は
本がとても分厚くなっていた。

余りに思い入れが強くて筆が進んだとかいうことだったが、
竹下さんもそう感じながら書かれたのだろうか。

それではナポレオンは神になれたのか。

いやなれなかったのだがその人生をなぞる物語は、
筆者の東海道中の旅を豊かにしてくれた。

ps.

カエサルは本当にプレイボーイだったが、
ナポレオンは男を見抜く目はあったものの、女心は読めなかったらしい。




機関車トーマス

機関車トーマスは英国を舞台にした機関車たちの物語.

トーマス、パーシー、ゴードンなど機関車たちには個性があり
そしてしやべるのがおかしくて、幼児たちに人気のアニメだ。



このしゃべる機関車のアイデアを完全に拝借したのが浅田次郎で
小説「マンチュリアン・レポート」では英国から清へ輸出された
「ドラゴン・フェニックス」号に舞台回しの役目を担わせている。

そして今回の奉天行きには、乗車した張作霖とも話をする
ことになるのは奇想天外だ。

結局奉天到着前にこのお召列車は関東軍に爆破され、
張作霖は爆殺されて、時代は一気に満州国へと移る。



「蒼穹の昴」(4巻)が書かれてすでに20年。

「珍妃ノ井戸」「中原の虹」(3巻)そして「マンチュリアン・レポート」と続き、
近々その完結編と思われる「天子蒙塵」(たぶん3巻)が刊行される。

この「天子蒙塵」は、もう一度皇帝になりたかった溥儀の
身の上を側室の文繍が物語るようだ。

皇后の婉容は使用人との間に子供をもうけ
さらにアヘンで廃人になって行く。

どちらにしても関東軍の傀儡の溥儀は期待した皇帝とは
程遠い軟禁状態での皇帝としての生活を強いられる。

いやほどいろんな書物、映画に取り上げられてきた溥儀と満州国の話を
浅田次郎はどう描くのか、楽しみだ。


.

風に吹かれて

朝一番のニュースでボブ・ディランのノーベル文学賞
受賞を知った。

あのフォーク歌手が?と第一印象は意外感だったが、
おおかたの人もメディアも同様だったようだ。

新聞なども「米国の伝統に新たな詩的表現を作りだした」
との受賞理由を紹介しつつも戸惑っているのはありあり。

たしか吉田拓郎の歌う詞にもボブ・ディランが出てきたように、
日本のフォーク界もこの人の影響をずいぶん受けたに違いない。

その意味では知らないどこかの国の小説家が受賞するよりも
親しみがあって良いような気もする。



ということで日本の期待する村上春樹は今年も
念願は成就しなかった。

待つこと10年を超えそちらの方がニュースで、
ファンががっかりする様子が報じられるのも
毎年秋の風物詩となった。

同時になぜ村上が受賞できないのか?
いろんな専門家?の意見を集約すると次のようなところだ。

①川端康成、大江健三郎とすでに日本から2人が受賞しており
 アジアからなら他の国が優先されているに違いない。

②村上作品は最近の代表作とされる「1Q84」を含め
 通俗的であり、社会的主張が足りない。

③村上作品は大方がスウエーデン語にも訳されて
 いるが、作品数が多すぎるのではないか。

④村上は若すぎるのではないか。
 (と言ってもすでに60代後半)

何が真相か分からないが、2010年に受賞したペルーの
作家は28年間も待ち続けた。

村上氏には長生きしてもらうしかないようだ。



ともかく今年もノーベル賞はオートファジーと言った新しい言葉や、
居酒屋大好きな博士が世の中に存在することなど
新しい話題を日本のお茶の間に提供してくれた。

余り目立たないと言われる基礎研究の功績にスポットライトが当たることは
科学の進歩を後押しすることになるのだろう。

その意味で例年のごとくノーベル賞の先見性に驚くが
それにしても平和賞が果たして必要なのかと
いつもながらに感じてしまった。


.
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR