FC2ブログ

賢帝

古代ローマにおいて五賢帝の時代があったように
中国皇帝200人、国王1000人の中でも漢の武帝や
唐の太宗が賢帝として知られる。

さらに17世紀半ばに始まる清の4代康熙帝、5代雍正帝
(ようせいてい)、6代乾隆帝の治世も繁栄がもたらされたとして
「康雍乾盛世」などと言われる。

康熙帝60年、乾隆帝61年の間に挟まれた雍正帝の
在位は僅か13年に過ぎないが、漢民族の統治を図り
財政基盤を強固にした点で評価される。

とくに直接地方官とやりとりをするなど睡眠を削って働き、
さらに軍機処などを設けて皇帝親政のシステムを作り、
270年におよぶ愛新覚羅家の王朝の存続に貢献することになる。



そもそも康熙帝には皇子が35人、公主が20人いたが、
母親の地位が余り高くない雍正帝が何故後継者となったのか?

本命の皇太子が2度にわたり廃太子されるなど宮廷内の暗闘は
すさまじく、最終的に雍正帝がライバルを押しのけて即位する。

その裏にクーデターを起こして王位を簒奪したとも言われ、
即位後も兄弟を含めたライバルの弾圧を続けたとされる。



この皇位継承の混乱を受けてその後の継承については
紫禁城・乾清宮の(3代順治帝の書いた「正大光明」の)
扁額の裏に後継者名を記すことになった。

この指名の書は皇帝により適宜変更されたというが
お陰で清朝後半に跡目争いの熾烈化は多少押さえられた
ようにも見える。

ともかく清朝12人の皇帝の中で前半の乾隆帝までは
荒野をかける強い血統の故か賢帝を輩出した。

しかしその後荒ぶる血統は衰弱し咸豊帝、同治帝、光緒帝、
宣統帝(溥儀)など寿命も短い脆弱な皇帝が続出することになる。

お陰で西大后の活躍する場面が提供されることになり、
逆に清の命脈は伸びることになるのである。


.
.
スポンサーサイト



パラダイムシフト

ペストが欧州にもたらされたのは1347年のクリミアを
巡るモンゴル帝国との戦争に起因するそうだ。

その際ジェノバ人たちが持ち帰ったと言われ欧州は
その病で人口の3ー5割英伊では8割も喪われたとか。

同時にこの病はモンゴル帝国を根本から揺さぶったようで、
その中枢にあった元朝は150年にわたる中華支配
をあきらめて1368年に北に去り、明に王朝を明け渡した。



そして600年の時を経てコロナが世界を直撃し
戦後国際協調を旗印に世界の盟主として君臨してきた米国を揺さぶる。

すでにその兆候は自国第一主義を掲げたトランプ大統領が登場して以来
明らかだったが、コロナ対策においてWHOへの出資をやめたりと、
その姿勢はもはや世界のリーダーとは呼べないものだ。

一方中国はといえばコロナ発生源としての批判もものかわ
ひたすらその集積したデータさらには防護服、薬品などの生産力を背景
として各国へのコロナ支援の中心的役割をアピールしている。

もはやポストコロナは米国中心世界から中国中心世界へと
パラダイムシフトが起きることを予感させるような光景が続く。



実際米欧はまだまだコロナの猛威の真っ只中にあり、
日本そして新興国はこれからピークに向かうのである。

そんな中で中国はウイルスを武漢にとどめることに成功して
(第2波があるとしても)すでに生産力を回復しつつある。

その結果IMFの見通しでも各国が5%~10%のマイナス成長が
予想される中で唯一2%とプラス成長を達成する見込み。

一帯一路つまり13~14世紀のモンゴル世界帝国の
再来を狙う中国の夢は果てしない。

その目的の実現に向けてコロナは中国に利する
ことになったのかも知れない。

ポストコロナのテーマはパンデミック対策とパラダイムシフトと言うことか。


.

新型コロナ

新型コロナウイルスは収まるどころか猛威を奮っており、
水際作戦に失敗した日本ではいよいよ市中感染の
段階に突入した。

お陰でマスクと消毒液の生産企業は不眠不休状態で
また買占めも横行している。

しかしそれ以外の産業はサプライチエーンの寸断も懸念され、
今後の企業活動の下振れは必至との見方が強まる。

また天皇誕生日の一般参賀、東京マラソンの一部、嵐の北京公演など
様々なイベントの中止が発表されている。

つまりGDPの6割に及ぶ個人の消費活動が自粛ムードに大きく
落ち込むのは必至。

実際昨年の第4四半期は消費増税の影響でマイナス6.3%成長と
なったが、第1四半期もマイナスになる可能性が高い。

いよいよ2四半期連続して成長率はマイナス圏となり景気後退の
サインが灯ることになる。



一方震源地である中国の実情は日本の比ではない。

いまのところ中国第1四半期のGDP予測は4%程度と巡航速度の
6%と比較してその落ち込みはモデレートとの見方が支配的だ。

しかし工場休止による生産・投資への影響もさることながら
GDP比4割弱とみられる個人消費の落ち込みの影響は甚大ではないか。

実際中国では武漢そして湖北省が封鎖状態になっている。

湖北省は揚子江中流域洞庭湖の北にあり、全国32省・直轄市の
上位に位置付けられており、人口も6千万人ほどもいる中核的な経済地域だ。

この地区はじめ中国全土においてコロナ対策が強められれば
強められるほど経済は停滞することになる。

つまりコロナと景気はトレードオフにあるわけで、コロナへの
対応が声高に叫ばれるほどに消費心理は冷えていくことになる。

これに対して政府・中銀は金融緩和そして財政発動で
乗り切りを図っているがどうなるか。

当面猛暑の季節到来そしてワクチンと治療薬の開発を
待つしかないようで、寒い時期は人との接触を避け
家に籠っては手洗いをして暮らすしかないのだろうか。



悪食

時折新宿高島屋に行ってお茶をしたり
食事をしては息抜きをすることがある。

過日は3Fにあるトリノの老舗カフェ「ビチェリン」で
ラザニアを食べた。

何でもこのカフェはニーチェ、プッチーニも愛用したと言うが、
残念ながら新宿店はそんな雰囲気を感じさせてくれない。

それにしてもこのデパートは中国からの集客に注力しているが、
目下閑古鳥が鳴いている。

中国が新型肺炎に直撃されているだけに
今年の春節の売り上げの落ち込みはいかばかりか。

202002011127065f5.jpg


202002011127570a5.jpg


20200201112814edb.jpg


20200201112732360.jpg


ついにWHOは緊急事態を宣言した

しかしその会見においてエチオピア出身の事務局長は中国の
防疫体制を絶賛するなど注意喚起どころかその忖度ぶりにはただただ驚く。

実際WHO専門委での決定までの紆余曲折には中国およびその
マネーの恩恵を受ける支持国からの圧力があったと言われる。

すでに米国はそんなWHOの意向など無視する形で断固中国への
渡航を禁止したのは当然か。

この状況では中国第1QのGDPは前期の
6%水準から1%以上低下する見込みだ。

そしてなによりもサプライチェーンが分断されることにより
世界の経済が収縮するのは必至であろう。



もともと中国の珍獣を愛好する傾向は有名で、その
悪食癖を見れば中国の公衆衛生を「是」などと
言えないことは専門家でなくてもわかる。

実際広東省で蔓延したSARSはハクビシンが、そして今回
湖北省で広がるコロナは食用として飼育されたタケネズミが感染源と
見られているのはまさにその証左だ。

つまり珍獣の肉を愛する中国の公衆衛生についての常識は
世界の非常識と考えた方が良いのではないか。

つまり中国人は「食在広州」と言われるとおりテーブル以外の全ての
四つ足や飛行機以外の全ての飛ぶものを食べる、とされる。

果たしてこの中国を過大評価するWHOを本当に信じて
良いのか疑わしいのである。


李方子

日韓関係には秀吉に止まらず紀元前まで遡る長い歴史があり、
それだけに横たわる問題そして国民感情は複雑だ。

目下日韓問題がこじれる世相を反映して文芸春秋でも
韓国特集を続けているが、そのひとつが「反日種族主義」
(李栄薫ら)に関する論考。

これは日本の統治時代に対する韓国人の通念を真っ向から
否定する問題作で、批判を覚悟して事実と向き合うとして
反日一辺倒の時代に一石を投じた。

おかげで韓国では激しいバッシングが起きているが
広く読まれ、日本でも文芸春秋社が翻訳版を出版して
売れ行きは上々のようだ。



そして2つめが時同じくして始まった連載小説の
林真理子「李王家の縁談」。

目下のところは主人公である李方子(まさこ)の母である梨本宮
伊都子の嫁入りを画策する姿が描かれている。

梨本宮伊都子は鍋島藩主の娘であり、父が駐伊大使として
ローマ滞在中に生まれたので「伊都子」と名付けられた人。

相当の美人だったらしく既に結婚していた大正天皇が何度も
顔を見にきたとも言われる。

同時に気の強さとブライドの高さも相当で
学習院・常磐会のトップとして美智子上皇后を苛め抜いた人としても有名。

娘・方子については昭和天皇への輿入れを狙うが果たせず。

それならばと天皇に準ずる李朝最後の皇太子で東京に在住する
李垠(イウン)との婚儀に奔走する。



この方子の輿入れについて通説では日本政府が日韓関係強化
のために皇族の子女の輿入れを図った結果と言われる。

その指名を受けていやいや嫁ぐことになるとの話だったが、
林真理子の見解は伊都子の野心の故ということになる。

どちらにしても伊都子の提案に宮内庁は大喜びし、
婚儀は成立する。

その後李方子は生まれたばかりの長男を連れてソウルに
出向くが、その長男は宮城にて毒殺されてしまう。

そして1963年に方子は帰郷が許された夫とともに渡韓し
87歳で死去するまでソウルで暮らす。

今後小説でその下りがどのように描写されるのか、楽しみにしておこう。




.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR