トップレディー

2月11日(日)

未明の雨が上がって俄かに春めいた。

梅ヶ丘駅周辺は羽根木公園で「梅まつり」が
始まったせいで人出で賑わい一足春の雰囲気が漂う。

おりからGATEUX KAWAMURAも「梅まつり」に便乗して
苺ショートを280円と大安売り。

思わず買い求めたのは経済合理的な行動と
自らを正当化して甘味を堪能したところだ。



春めいた東京からさして離れていないが、
寒さで有名な平昌では熱い戦いが繰り広げられている。

とはいえこの五輪はスポーツの祭典であるはずが
何とも政治色が強い。

そしてその真打としてついに金ファミリーの金与正氏(キム・ヨジョン)が
金正恩の親書を携えて韓国入り。

北朝鮮が専用機をもっていることに少なからず驚いたが、
そのトップレディーの所作にも目が釘付けとなった。

かつて兄と同様スイスに留学していたらしいが、
引き詰めた髪そして黒ずくめのコスチューム。

そして少し鼻と頭を上げた素振りなど北のトップレディーの
実体に迫りたいと思うのは当然だ。

TV映像は足が震えている様子をとらえていたが
さすがに強気を装っても各国首脳との面談には
緊張を強いられるだろう。

そして米国のトップレディーとして昨年秋にやってきた
イヴァンカ氏の華やかさと比較してしまったが、、米朝の違い
つまり自由国家と抑圧国家の落差をまざまざと感じさせられた。



さすがに経済制裁下にある北朝鮮の台所は苦しいようで、
文正寅を米日から引き離し自らの陣営へとの動きは急だ。

それは民族統一と太陽政策をと考える文政権の望むところで、
五輪後は米韓合同演習をやめさせ、さらに6月か8月に
平壌での首脳会談へと突き進むのだろう。

このような動きはこの20年来再三見られたもので、
そのたびに裏切られては半島の非核化は遠のいてきた。

今回もまた韓国は民族統一への夢をぶら下げられて、
休戦状態から一気に和平へと歩を進めようとするのだろう。

果たして北朝鮮の腹の内は?


.

スポンサーサイト

五輪の後

本日から平昌五輪が始まる。

すでに北朝鮮から美女軍団が到着し、韓国のみならず
日本でもメディアは「微笑み外交」に我を忘れて大騒ぎ。

一方国内ではいつものことながら各紙は景気よくメダル予想を
行っており、金8個を含めてメダル20個と超強気が席巻。

その根拠は男子フィギュアは金銀、女子フィギュアは金銅
女子ジャンプは金銅そしてノルディック複合は金銅、
さらにスピードスケートの小平は金2つなど、仰天ものだ。

まあ予想が外れて誰が損するわけでもないだけに
予想ぐらいは大盤振る舞いも良いのだろう。



しかし2週間も経てば祭りは終わり、「五輪の後」が始まる。

五輪へはペンス米副大統領と安倍首相が参加するが、
まさに水に油つまり招かれざる客たちと言ったところだ。

しかし「朝鮮半島に平和」と言った夢は、早晩米韓演習の
再開に対し北朝鮮の癇癪玉が破裂して雲散霧消することになるだろう。

すでに北朝鮮は核実験に加え16回に及ぶミサイル実験で
数十発のミサイルを発射しては挑発行為を行ってきた。

つまり五輪が終われば再び朝鮮半島では地政学リスクが
頭をもたげることになるのは必至だ。

またまた東京市場は地理的に近いだけに
直接的に影響を受けることになるだろう。



一方北朝鮮と激しくやりあう米国と言えば実際距離も遠く
北朝鮮の地政学リスクよりもリスクは国内にありそうだ。

つまりトランプ大統領その人と金融市場という時限爆弾だ。

大統領は保護主義を追求してNAFTAの見直しを進めては
世界を揺さぶる。

そして金融市場では金融規制が強化されているとはいえ、
リーマン時以上にオプションが様々に張り巡らされているようで
何が起きるやら分からない。

週初50まで上昇した恐怖指数はとりあえず20台に下落したが、
まだまだ恐怖指数はじめボラティリティを材料に空取引で利益を得ようとする
ディーラーが相場の変動を企んでいそうだ。

五輪後の日本は北朝鮮と米国に挟まれてまさに「前門の虎 後門の狼」
と言った風情で気を抜けない状況が続きそうだ。


.

習近平思想

5年に一度の中国共産党大会が2千人以上の
参加者を得て18日に始まる。

この会議の内容は目下のところ厳重に伏せられているというものの、
この大会を控えた7中全会(第7回全体会議)のコミュニケが発表されて
徐々に内容が漏れ伝わりつつある。

いまだ確定していないものの、習近平総書記の政治思想・指導理念が
盛り込まれた党規約改正案が承認される見込みとのことだ。

この結果党大会において習近平思想は、「建国」を謳った毛沢東思想そして
「経済発展」を進めた鄧小平理論と並び特別視されるところとなり、
習主席の核心としての存在が強く認識されるところとなる。



「習近平思想」とはこの5年間に掲げてきた「治国理政」と言われる概念
のようだ。

つまり党が掲げる2020年までの目標「小康社会(ややゆとりのある社会)
の全面的な実現」に向け、改革や法治、厳格な党内統治を推進するというもの。

つまり反腐敗や脱貧困を進めることにより、30年後に迫った建国百周年における
「中国の夢」の実現を手繰り寄せようとの思惑がある。

そしてその過程において2035年ごろには一人当たりGDPを現在の
8千ドルレベルから中等先進国つまりイタリア並みの3万ドル程度に
引き上げることを目指すようだ。



「中国の夢」に至る道のりの途次にある現代の中国では、生活水準は
改善されつつあるというものの、格差が根強く残る監視社会であり、
自由な社会とは程遠い。

ただiPhoneの偽物などが出回るなどスマホの普及は目覚ましく、
アリペイなど銀行を利用しないモバイル決済と通販が行き渡っているように
生活の利便性は高まっている。

このように金融イノベーションは先進国(米国)とともに
後進国故にその発展度合いが目覚ましい。

金融後進国こそ「後発性の利益」を享受できるように、中国は
後発ゆえに今後の金融イノベーションの伸びしろが大きい。

これからの30年間習近平思想が指し示すように中国が発展し、
そして本当に小康社会が実現されるのか注目されるところだ。



.

梅雨明け?

九州では豪雨災害が発生しているが、東京ではすでに
梅雨明けを思わせる真夏日が続いている。

また大相撲が行われている名古屋も同様で、体の大きい関取衆にはさぞや
きついとしても、観客も汗を流しながらの観戦は難儀だろう。

そんな名古屋場所で注目されるのはやはり白鵬。

通算勝ち星の新記録達成なるかに関心が高まっているが、
32歳の白鵬については引退後が注目されつつあるのも仕方ない。

親方になるのかそれとも母国に帰り大統領を目指すのか。



そんなおりモンゴルで大統領選が行われた。

人口300万人のこの国はロシアと中国に完全に挟まれた内陸国で、
外交的には歴史的につながりの深いロシアとの関係を維持しつつ、
中国の一帯一路構想の恩恵により経済再浮上を狙っている。

とはいえ鉱物資源頼みのこの国は資源相場の下落に直撃されて財政の
苦しい時が続いていおり、結局野党のバトトルガ大統領が選ばれた。

この新大統領は元柔道選手で親日派であるせいか、
第3の隣国である日本との関係重視も謳っている。

そしてこの人の選挙運動を手伝ったのが元横綱・朝青龍ことドルゴルスレン・
ダグワドルジ氏で、どうやら大統領の顧問につく見込みのようだ。

朝青龍は実業家として活躍していると伝えられていたが、
どうやら政治的野心は満々といったところのようだ。



ということで将来のモンゴルの大統領に朝青龍が就任し、
さらに白鵬にバトンが繋がる可能性が出てきた。

白鵬が日本に残り親方になる条件は日本への帰化であり、
帰化しないでの親方就任を支援してくれた北の湖も亡くなった今、
その芽はなさそうだ。

やはり白鵬はモンゴル国籍を保持し、モンゴルの大統領を
目指すべきではないだろうか。

そうなれば大相撲は国技の枠に止まらずより
インターナショナルな存在となるだろう。

相撲ファンとしては大歓迎だ。






.

中国共産党

王岐山と言えば2008年のリーマンショックの際に
ヘンリー・ポールソン米財務長官の要請を受けて
4兆元投資を実現した実力派の副首相(当時)だ。

その手腕は西側とくに国際金融の世界で広く知られているが、習近平体制に入って
以降常務委員となり習近平の盟友としてこの5年反腐敗闘争をリードしてきた。

そしてこの10月の共産党大会を控えて68歳の定年を迎え、定年延長による
習体制の強化が図られるのではないかとその去就が注目されてきた、
つまり今年の共産党人事の目玉の人だと言って良いだろう。



ところがこのところその動きが全く報道されなくなったことから、
「王岐山失脚か」と言った噂が急速に広がってきた。

反腐敗の象徴であったこの人が、巨額の汚職に手を染めていたとか
習近平の腐敗に手を突っ込み虎の尾を踏んでしまったとか、
いつものことながら香港経由で様々な憶測が世界に発信されているのだ。

それでなくとも過去5年、周永康や薄熙来を追い落とし江派そして
共青団の恨みを買っており、まさに権力闘争の中心人物なのである。



実際中国では党大会まで4か月を切り、
習近平の2期目の人事が最大の関心事となっている。

8月に行われる河北省のリゾート地北戴河(ほくたいが)での長老との人事調整などは
例年にも増して重要視されており、今はそれを控えて激しい攻防が繰り返されている。

それでなくとも習近平の後継者として胡春華と共に常務委員会入りが
予定されていた重慶市総書記・孫政才の手ぬるい政治手腕に批判が高まる。

一方で習近平の側近である栗戦書,陳敏爾,王滬寧などの台頭が
伝えられているだけに、その後継問題は混迷化しているのも明らかだ。

習近平は「核心」として名実ともに紅い皇帝として君臨を狙い、
10年の任期を延長しさらには院政を敷く腹積もりがあるように見られる。

その権力の行方について闘争ははいよいよ佳境を迎え、経済・外交問題
はひとまず棚上げで、今後どんなニュースが飛び込んでくるのか分からない状態だ。


.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR