期日前投票

選挙戦も終盤になりようやく投票先も決めたので
区役所の出張所へ期日前投票に出かけたら、大変混雑。

近頃は衆議院選といえども投票率が5割程度と低調な中で、
投票総数の2割を占めるという期日前投票は十分に機能
しているようだ。

お陰で22日の投票日に雨の中小学校まで出かけなくてすみ
また国民の義務を果たした気分でホッとしたといったところだ。



今回の選挙は「国難突破解散」などと言われたが、実に片腹痛く
また笑止千万の思いだ。

国民に信を問うべき何の争点もないのにもりかけ問題を封じるために
700憶円もかけるなど本当に民主主義の弊害を見せられた思いだ。

もちろん王制や貴族制下においては国民が政治に関与
できるなど夢のまた夢であり、国民が等しく参政権を獲得するのに
様々な苦労があった歴史を思えば、やはり積極的に投票参加すべきだろう。

それにしても民主主義は金もかかるし、それでいて優秀かつ高潔な人が
政治家になるわけでもないし、不毛の選択を強いられるのは苦役ともいえる。

それでも消去法の上で比較的マシな政党・人物を選ぶ努力を
するのが国民の義務そして権利と言ったところだろう。



現在の小選挙区比例代表併用制下においてはこれまでの経験から
25%の得票率で65%の議席数を獲得できる。

これで安倍一強政権が国民の支持を得たとして教育の無償化を
目くらましにして憲法改正をしてしまうつもりだ。

憲法9条がノーベル平和賞の候補にあがるなど天然記念物化
しているのは否めないが、政権が国民の支持を得たとして強硬に
改正へとひた走るのには違和感を感じざるをえない。

そこで野党の重要性が出てくるのだが、これがまた共闘しないで
希望が立民に刺客を送ったりと内ゲバ状態で、共倒れになったことを
反省すべきだろう。

つまり選挙後の政局は憲法改正をめぐって人気の落ちた小池都知事の排除を含めて、
野党の再編ということだろうか。



.
スポンサーサイト

リベラル?

選挙序盤戦の世論調査結果を大手メディアが報じた。

どれもサンプル数は5万件程度、そして態度保留者が5割程度
と言う段階だけに確実性には疑問符がつくが、どれもほぼ同様に
自民堅調、希望伸びず、立民善戦としている。

因みに議席数予想では自民260、希望70、立民45、
公明35共産20、維新15と言ったところ。

民進が分裂し公示前88議席が希望+立民=115と少し伸びるが
前原の捨て身作戦は結局失敗で「言うだけ番長」の汚名返上には
至らないようだ。



それにしても立民の善戦は予想以上で、枝野の頑張りと
朝日新聞社の支援が大きく作用している故だろう。

そして日本の「リベラル派」と言う人たちが反安倍で結集し投票する結果でもあるだろう。
しかし「リベラルとは何か」また「立民がリベラルなのか」について疑問を感じるところだ。

つまり日本で言われるリベラルの概念が大きく左寄りとなってきているのではないか。

かつて55年体制下においてリベラルとは自民党内のタカ派(自国憲法制定・
戦前の体制への回帰)に対する宏池会などハト派(戦後体制容認、対米協調、
市場経済重視)を総称するものとされていた。

(社会党は左翼そして共産党は極左と言うことだったか)

ところが東西冷戦の終焉とともに行き場を失った左派勢力がいつの間にやら
リベラルを名乗ることになり、今や本質的に極左である立民がリベラルの代名詞
を獲得したということだ。



それでは海外事情はどうかと言えば、欧州においてリベラルとは中道であり、
英国で言えば自由党などがそれに該当するようだ。

したがってこれまでリベラルを代表すると思われたブレア、シュレーダー、
マクロンらの路線は市場経済を重視しすぎと映るように、
欧州におけるリベラルとは日本人の感覚で言えばかなり右寄りと言えよう。

また米国に目を転じれば、小さな政府やキリスト教重視を主張する共和党など
保守派に対して、大きな政府、人権保護のための介入、環境保護などを
主張するのがリベラル(民主党)で
やはり米国のリベラルの概念もまた右に寄っている。

したがって日本のリベラルとは欧米と異なりかなり左寄りであり、
また既得権を守ろうとする守旧的な動きをする勢力でもあると言えよう。

文春11月号記事「安倍は保守と言ってはいけない」によれば、高齢世代は
右が保守の自民、左が革新の共産とする考え方が定着している。

しかし20~40代においては、右が現状を維持しようとする共産、そして左が
改革を進める自民そして民進はその中間に位置しているという考え方が支配的という。

このように時代の流れや世代間に置いて日本の政治・思想も異なるようで、
自らの投票行動を何を基準に決めるのかは難しくなり、
結局党首の好き嫌い次第と言うことになるのか。

どちらにしても自民党が260議席を獲得すれば、安倍一強政権は安泰で、
もりかけ問題も沙汰闇となって権力はさらに倦んで行くことになるのではないか。



.

ユリノミクス

小池新党が発足して10日余りを過ぎたが、小池都知事兼党首の
去就があいまいな中でブームは失速気味となってきた。

とはいえ希望の党の一定の勝利は必至であり、自民党の議席は
現在の287から30ー50減は避けられないと見込まれている。

したがって自民党が261議席の絶対多数や244議席の安定多数
を上回れば安倍安泰、そしてそれを割り込んで単独過半数(233)を
下回れば政権の組み換え議論が高まりそうだ。

その場合は安倍一強政権の終わりが俎上に上ることになるだろう。

そうなると黒田日銀の緩和策が不安定化し金利上昇、
株価下落、円高への懸念が強まることは必至となる。

このリスクシナリオを懸念してすでに金融市場では
警戒感がジワリと浮上してきている。



このような状況下で各党の政権公約が出そろった。

もちろん原発・憲法などの政治的立ち位置の違いは重要ではあるが
経済・金融についてはいつもながらに
各党の経済政策は民意迎合的だ。

自公はアベノミクスの継続つまり金融緩和による円安・株高を
進め、さらに2019年の消費税増税分の使途を変更し保育・教育の
無償化を主張している。

一方野党は財政再建などは念頭になく消費税増税延期
もしくは凍結を主張。

このように各党のバラマキ政策は日本の財政悪化をもたらすことから、
金融市場は嫌気してCDSは一挙に上昇している。



ところで「希望の党」の言う「ユリノミクス」は、消費税増税を凍結することについて、
その代替すべき財源として企業が有する400兆円に上る内部留保に2%の
税金をかけ4兆円を調達すると主張している。

つまり個人負担の軽減分を企業への負担で補おうとするのだが、
法人税の減税による各国間の競争を生き抜くことが国際企業の主要課題と
なっているなかで
企業の二重負担を強いる経済政策は逆行していると言って良いだろう。

また希望の党は黒田日銀の政策をおおむね支持するとしているものの、
政権の行方次第では来年3月に迫った総裁の後任人事が大きく狂うことになる。

つまり経済金融政策の連続性について不安感の増大は否めず、
金融市場は安定感を失うことになる。

どちらにしても希望の党の伸長は5年にわたったアベノミクスの
見直しを迫ることになるのは必至であり、その場合安倍一強が続いたこの
5年に顕著となった円安・株高は大きな試練を迎えることになるだろう。







離合集散

希望の党から192人の第一次公認リストが発表された。

まさに民進党が看板を架け替えただけかと思うような
メンバーが並んだ。

東京はじめ首都圏でこそ小池系のメンバーが多いものの、
地方は圧倒的に民進党の古参の人たちだ。

本当にこれで新しい世の中ができるのか、そして前回の政権奪取時の
轍を踏まないのか懐疑的にならざるを得ない。

ただ社民連・菅、革マル・枝野、社青同解放派・赤松、そして辻元など
学生運動の闘士として革命を志向した人たちが保守に紛れ込まず
また純化したことが双方にとって最大のメリットか。



それにしても民進党の中で憲法改正反対、安保法制反対を唱え
国会内でプラカードを持って騒いでいた人たちはどうなったか。

例えば大蔵省OBの玉木雄一郎、大串博志そして無節操な柚木道義が、
一転して政策協定書を交わして転ぶ姿には、保身と浅ましさしか見えてこない。

ただ野田や岡田が公認してもらえないと早目に察知し、
韓信の股くぐりをしないで済んだのはまだしもと言ったところだ。



どちらにしても小池知事の出馬は遠のいたとみられる現在
小池ブームは衰えて、政権交代安倍一強の終わりが近づいた
ように見えるのだが・・・

とはいえ自公で233の過半数は確保するにしても自民党の過半数割れが
現実化し、その場合は安倍一強政権の最後が実現するかも知れない。

徳川幕府が軽い気持ちで長州征伐に乗り出して、その結果
薩長が同盟し倒幕そして明治維新に至った故事もある。

野党の準備不足をついて軽い気持ちで解散を狙った結果
窮鼠猫を噛むの通りとんだ切り替えしを受けて政権を失い
かねなくなった安倍政権。

5年の政権に国民は飽きているし、どんな風が吹いて
何が起きるのかも知れない。

この様子では日本経済は乱気流に巻き込まれるかも知れない。
円高・株安には要警戒と言うところか。


.

衆院解散

任期を1年残して衆議院が解散する。

現有勢力が自民289、民進88だが
1か月後にはどのように変わっているのか?

小池新党「希望」が改革保守を謳うように、安倍自民
橋下維新、前原民進を含めてほとんどすべてが
保守勢力となり、今回の選挙はその権力争いだ。

つまり実質的な左派・革新勢力は共産党と枝野たち民進の
一部のみで、民進党も早く右と左で別れた方が良さそうだ。

マスコミは安倍VS小池を対立軸としてとらえて過剰報道しているだけに
前原は埋没し、結果的に自民250、民進50、希望50と言ったところに
なるのだろうか?いや民進が消えているかも知れない。



長年日本の政治を見てきただけに、今さら新党が立ち上がり
風が吹いても夢を見ることもできない。

実際日本新党も35議席をとり非自民の政権発足に至ったがすぐに
分裂・解党し、社会党そして民主党など野党勢力は様々に変遷し消えた。

今再び小池を中心に25年前の政権交代の再現を夢見る動きが
生じているが、小池の捨て身の戦法がどのように政界に化学変化を起こす事が出来るのか?

ただ現状はそのメンバーを見ても明らかなように選挙区事情から馳せ参じた
人ばかりで、理念も主義も感じられない。

と言うことで、今回の選挙が安倍政権の信任に止まらず、非自民勢力が
小池の下に結集し政権交代を問う選挙へと発展させることができるのか注目される。



フランスではマクロン大統領が社会党から飛び出して「前進」を作り
社会党とは合併せずにいったん離党した後の議員を糾合した。

「希望」もフランスの実情を研究しているようで、民進党との合流も視野に入れ
解党した後に議員たちを拾う腹づもりもあるのかも知れない。

ともかく日本は中道右派まで含めて右傾化しているのは明らかで、
憲法改正はどこも前向きで、あえて各党の違いを探せば原発と消費税ぐらいか。

つまりこの選挙は人気投票と言ったところだが、小池マジックで
政権交代にまで及ぶのか?

権力を巡り右往左往する人間模様を観察しつつ
日本の将来を考える絶好の機会となれば良いのだが。





.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR