FC2ブログ

メグジット

英国ヘンリー王子とメーガン妃が結婚2年足らずして
「メグジット」つまり王室を離脱することになった。

米国特に芸能界で自由に育った人にとって格式高い
英国王室での生活に耐え兼ねたのはむべなるかな。

特にウイリアム王子夫妻とりわけキャサリン妃と執拗に
比較されその批判の根底には人種差別なども存在したことも
あったと言われる。

さらにエリザベス女王の不興を買ったなどとも言われ
カナダと英国で自由に暮らせる権利を得た一方で、
サセックス公爵、公爵夫人の称号をはく奪された。

もともとウイリアム王子には3人も子供がおり皇位継承権6位の
ヘンリー王子には血のスペアとしての意味も稀薄化していたのだから、
ある意味当然の落ち着きどころだったのかも知れない。



一方の日本では令和に入り皇位継承権第一位を意味する
皇嗣となった秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」が4月19日に
行われることが決定した。

詳細は「立皇太子の礼」に従うとし、ご本人の意向を組んで
簡素に行われると言う。

そもそも「皇嗣」とは、次の天皇になることが決まった
皇太子と異なり、(その時点での)皇位継承1位になったにしか過ぎない。

付言すれば昭和初期、昭和天皇家に女子が3人続いた時に
秩父宮殿下が一時期皇嗣となったことがあるが、皇太子(現上皇)が
生まれその名称は立ち消えた。

つまり「皇嗣」は暫定的な意味しかもたず、広く天下そして
世界に広める必要などあるとは思い難いのである。



今回の「立皇嗣の礼」については、男系男子の天皇を
支持する政治家・団体・個人が強く訴えた結果と言われる。

つまり女性・女系天皇を容認する一派に対する
デモンストレーションと言うところだ。

将来的に男系でつながる秋篠宮家を盛り立てようと
する政治意図を含んて開催される儀式に過ぎないのである。

英国王室で起きている変化は日本の皇室においても時間差
をおいてリベラルを求める動きにつながるのではないだろうか。

とりあえず(愛子帝に関する)女性天皇議論や(眞子様に関する)
結婚の個人の自由などに対する世論の動きが注目される。



.
スポンサーサイト



米中代理戦争

ここ数年理由は様々だが年初そして1月は
円高になるというのがアノマリーとなりつつある。

やはりと言うべきか今年もまたイランのソレイマ二司令官の殺害を
機に米国とイランとの関係が緊張し例年の通りリスクオフの動きとなった。

ハメネイ師、ロゥハ二大統領が反米を強め同時に
背後にいるロシア・中国もうごめいて世界戦争勃発への懸念が高まったのである。

とはいえ大統領選を控えてトランプ大統領に戦火拡大の
意志はなく、またイランでも穏健派が強硬派を駆逐したようで
急速に停戦のムードが強まった。

お陰で安全資産の幻想が持たれる円相場が一時109円台から
107円台へ急上昇したが5日ともたず元の水準に戻った。

しかしこれで中東の和平が達成されれれば世の中簡単だが
ヒズボラはじめシーア派武装勢力が収まるかははなはだ疑問。



一方東アジアでの米中代理戦争は香港から台湾に飛び火。

習政権はマカオでの成功例を掲げ「一国二制度」を推し進めようとし
これに呼応して台湾では中国成長の恩恵を受けようと親中派・国民党が
中国接近を呼びかける。

昨日行われた総統選では民進党蔡英文総統が圧勝して
台湾における独立意識が鮮明化した。

つまり今回台湾における中国への対決姿勢が明確化したことで、
米中の代理戦争は香港そして台湾において2020年はさらに尖鋭化することになるのだろう。



このように米中代理戦争は中東・東アジアで繰り広げられているが、
肝心要の米中貿易戦争は第一弾の部分合意調印が1月中旬に行われる。

そして第二弾についての交渉は間もなく始まる見込みだが
米大統領選まで合意は行わないと大統領が明言。

つまりトランプ政権としても中国から一定の譲歩が得られた今、
大統領選にはこの状態で突入するのが得策との思惑が強い。

つまりこれまで市場を覆っていた米中貿易戦争による政治の影は
2020年は薄れる可能性が大きい。

ということで今年の金融市場はより米国経済の成長の可能性と
中国経済の失速リスクに要注目と言うことか。


女太閤記

田崎史郎という時事通信社出身の政治記者がいる。

ソフトなご老人でお茶の間さらにはSNSでも
「田崎スシロー」などと呼ばれて人気が高い。

「官邸の手先」と評されるように政権寄りの発言が多いが
それだけに内部通であり情報が豊富なのが特徴だ。

この人が小泉進次郎の結婚の一報を聞いたとたんに
滝川クリステルの顔が浮かんだとか勘も鋭い。

また最初に結婚報告に行ったのが菅官房長官だったことは
進次郎の今後を占う上で重要だとも言っていた。



今月の文芸春秋は進次郎と菅官房長官の対談で
その司会を務めたのがこの田崎氏だ。

文芸春秋は進次郎と塩野七生との対談を組んだり、田崎氏の司会で
福田達夫(福田元首相の孫)との対談を企画したり。

要するに進次郎の首相就任を強く願って応援を
続けているのである。

今回の対談は小泉の将来の総理としての資格と意欲について
議論しており、菅は資格ありと断定しているのである。



ということで進次郎は9月の内閣改造においてご祝儀で
初入閣すると見込まれ、安倍の次の次へと名乗りをあげる見込みだ。

それでは安倍の次はと言うと「話がとってもつまらない」との定評の
ある岸田ではなく石破か菅ということになるのだろうか?

どちらにしても5年以内にクリステルはファーストレディーに
駆け上がると言う寸法だ。

フランスと神戸で育ち、その後上京して砧中、都立青山高
さらに青山学院仏文に学び、社会に出てからもキャリアアップを果たしてきた。

それに伴い付き合う相手もレベルを上げてきたが
まさに女太閤記を見ているような。

今後二人に待ち受ける試練はと言えば目下過剰に持ち上げている
マスコミがどこで掌を返すのかと言うところか。


.

反日

愛知トリエンナーレ「表現の不自由展」は物議を醸し、
結果75日の会期が僅か3日間で終了した。

津田大介監督の説明によるとあくまで芸術の世界であり
政治とは無関係としているが、反日そして天皇制批判などの
作品が数多くあったようである。

また主催者側の説明によれば1400件を超えるクレームが
殺到し、中には「ガソリンを持ってお邪魔する」などとの
脅迫もあったことで苦渋の決断をしたとのこと。

朝日新聞などは政府が表現の自由を損なう、つまり検閲、
弾圧と断じ第一面から3ページほどにわたって徹底糾弾。

このヒステリックな報道は一体どうなっているのかと思うほどで
「ハンギョレ新聞、中央日報と共に反日3羽ガラス」と揶揄されるのも
仕方がないかと思わせた。



当然この「表現の不自由」についての議論の背景には
日韓の政治情勢の混迷化が深く横たわっている。

もともと親日政権の後を襲った文政権はノムヒョンの流れを
汲んで北よりであり、反日をばねに支持の拡大を図ってきた。

したがって米国主導で締結された1965年の日韓基本条約を
不当として、徴用工問題など解決したとされる一切をないがしろに
しているのが実情だ。



今般日本が取った輸出管理規制により、韓国側の経済的損失は
甚大であり、韓国は経済分野にとどまらず安全保障、領土問題など
での報復へと拡大するつもりのようだ。

韓国軍は先日竹島(独島)の空域に入ったロシア軍機
にスクランブルをかけたが、続いて軍事訓練を行うとかで
竹島を巡る領土問題は今後熱くなりそうだ。

これまで韓国内には文政権の手際の悪さを批判する向きもあったが、
今や韓国メディアは一丸となって反日で固まってきた。

一方最新の日本の世論調査では嫌韓が8割を占めたともされ
いよいよ日韓問題は出口が見えなくなりつつある。

日米韓の足並みが乱れる中で東アジア情勢は
中ロ朝の望む方向に動きつつあるようだ。




.


れいわ新選組

トランプの登場を機に世界的にポピュリズムが広がっているが
欧州でもイタリアで五つ星運動そしてスペインでポモデスが
既存政党を批判して大躍進している。

この大衆の不満を煽る戦略は効果があるようだが、
日本ではまだ不満は沸点に達していない。

日本の若者と言えばその大半は自民党支持であり
お陰で政治に関心を示すのは高齢層ばかりの故かも知れない。

参院選において消費税、年金などがテーマとして挙げられるが
その論争は極めてマンネリ的である。

このような環境下参院選に興味を持てない筆者を覚醒させてくれたのが
山本太郎が主宰する「れいわ新選組」。



百年一日変わらず成長戦略を唱える「自公政権」に共感できないし、
野党もひたすら反対ばかりで国家ビジョンを呈示してくれない。

そんな不満が鬱積する中で政党要件を満たしておらず
党首討論会に呼ばれることもない「れいわ」がネットを中心に浸透しつつあるそうだ。

6年前に東京選挙区から参院議員となった山本が
今回は仲間を引き連れて比例区に登場したのである。

山本と言えばその周辺に革共同中核派のメンバーがいるとか
園遊会や国会での非常識な行動など首を傾げる点が多々ある。

とはいえ東京地方区に沖縄創価学会の野原ヨシマサを出馬させ、
さらに比例区には特定枠に身障者を2名指名するなど奇策に
打って出ている。

つまり山本本人は300万票をとり「れいわ」として
3枠を確保しなければ議席を失うことになるのである。



ということで「無関心」を決め込んでいた筆者は
背水の陣を敷く「れいわ」に俄然興味を持ったのである。

「れいわ」の政権公約の中心は「消費税廃止」と「奨学金徳政令」
という究極のポピュリズム。

既存の政治体制に不満を持つ選挙民が政党要件奪取を
目指す「れいわ」にどのような判断を下すのか。



.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR