バチカン情報

3月3日付の本ブログ「イタリアショック」で
ローマ法王の選出が始まる事を書きました。

その中で、間違がった記述が判明しましたので
以下3点訂正いたします。

①「新法王は236代」と書きましたが266代でした。

②「教皇庁内で性的小児虐待が行われている」
 との趣旨を記しました。

 これは、カソリックの他の教会内でおいきていると
 内部告発されているもので、教皇庁内には子供はいない。
 
 バチカンには職員用の幼稚園があるのみのようです。

③「法王選出の決定は、システィナ礼拝堂から上がる白い煙で知らされる。
 これは、初代ペテロ以来2000年の故事に倣う」、と書きましたが
 実際は、ルネサンス以降のしきたりのようです。


上記の誤りについての指摘は、3月5日にパリ在住の
文化史家・竹下節子氏よりコメントを頂いていたもの。

このコメントに、今まで気づかず、訂正が遅れました。
お詫びいたします。

因みに竹下氏はキリスト教などについて長年研究されており、
「パリのマリア」はじめ著書多数。ご興味ある方はご一読下さい。









スポンサーサイト
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR