リビエラ

10月31日(木)晴れ。

朝5℃まで冷え込んだパリを立ち、空路地中海をめざした。


(パリ上空)

機内は子供たちで溢れ、まるで保育園状態。
隣席は18か月の栗毛色の髪に青い目をしたかわいい女の子。

なるほど11月1日はトゥッサン(toussaint・全ての聖人を祝う日)で休日。
家族揃って墓参りする日でもあり、里帰りするする人たち。



ニースは25℃。コートどころか半袖が必要だ。
レンタカーはハイテクで何かと難しい。特にナビにはてこずった。


(プジョー3008)


ともかく発進。コートダジュールから国境を越え、
リビエラ海岸を見ながらイタリアへ。
空の青さと海の蒼さが強烈だ。


(地中海)


(リビエラ海岸)


走ること2時間、宿泊地であるリゾート地
サンレーモに無事到着した。

昼のピザに続き、夜はスパゲッティやジェラート。
この美味しさと解放感はやはりイタリアの魅力だ。



(ジェノベーゼ)


(ジェラート)




-
スポンサーサイト
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR