NHK

NHK新会長が就任会見というハレの場で
お粗末ぶりを発揮した。

具体的には、

「従軍慰安婦、今のモラルでは悪いんですよ」

「戦争をしているどこの国にもあった、フランス、ドイツにも」

「なぜオランダにまだ飾り窓があるんですか」

などの発言の数々。



前言を撤回しても後の祭り。

早速視聴者から苦情が殺到し、
仇敵朝日新聞は鬼の首でも取ったようだ。

新会長は元商社マンでドイツ駐在の長い国際派との触れ込みで
登場したが、もともと放言癖があったとか。

今回はTPOもわきまえず、「銀座のクラブでホステス相手に
薀蓄を傾ける風情」と揶揄されるのももっともだ。

歴史認識や公共放送の在り方などを議論する以前の
人格的資質の問題だ。



今回の新会長の人選については政府とNHK(と言っても一枚岩ではない)
との様々な綱引きがあった。

人選を行う経営委員会のメンバーにまず百田尚樹など安倍首相の
お友達だちを送り込み、政府寄りの体制が作られていった経緯がある。

NHKは公平・中立を守るために予算承認権を握る国会はじめ
政治の干渉を排除する努力をせねばならない。

建前論はともかくとしても、新会長は尖閣・竹島問題などに関して
国際放送において全面的に政府見解の発信強化を図る意欲を明確に示した。

政府寄りが明確となったNHKが今後公共放送として
客観的な報道が出来るのか?

極めて卑近な例ではあるが、K-POPSが紅白から消えたのに続き
韓流ドラマ枠が維持されるのかファンは気を揉む季節を迎えるのだろう。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR