FC2ブログ

シリアの混迷

ロシア軍機がシリアとの国境付近でトルコ軍に撃墜された。

本年9月からロシアがシリア空爆を始めたが何度もトルコ領空を
侵犯しており、遂に起こるべくして起こったというところだ。

ロシア側は領空から1キロほど離れていたと主張しているが、
この水掛け論は結論を見る事はないだろう。



ロシアのシリア空爆は、建前としてはISを狙ったものとされているが、
本音は親ロシア的なアサド政権を支援する為に反政府勢力への攻撃に
主眼がおかれており疑惑の目を向けられていた。

また空爆地域がトルコとの国境でトルコ系のトルクメン人に
照準を合わせているとしてトルコ・ロシア間での対立が続いていた。

一方トルコはイランやクルド人勢力を敵対視する一方で、
NATO(北大西洋条約機構)の加盟国であり、ロシアは手を出せないと
踏んでいるふしもあり、今回ロシアに一撃を加えたと思われる。



これまではISに対し有志連合(米国はじめトルコなど中東各国)、
フランス、ロシアなどにより空爆が進められてきたが、それぞれの足並みは揃わない。

またパリ同時多発テロを受けてフランス・オランド大統領はこの間、
オバマ米大統領、メルケル独首相そしてプーチン露大統領と会い
欧米ロ大連合による対IS包囲網の強化を図ってきた。

とはいえそれぞれの国のアサド政権への距離感と
利害が異なっておりフランスの思惑通りに進むのは難しい。

もともと中東の混乱の根源は100年前の第一次世界大戦中に起きた
中東の石油利権をめぐる英国の三枚舌外交のせい。

その歴史を眺めれば、複雑に絡まった糸がほどけるように
事態が解決へと進む可能性は期待できない。



注)英国の三枚舌外交

オスマン帝国崩壊後の国境線引について、英国が秘密裏に
次の3つの約束をしていた。

それぞれは矛盾はしていない様に見えるが、この100年
この地域には疑心暗鬼が渦巻く原因となった。

1.フサイン=マクマホン協定

1915年にイギリスが、オスマン帝国の支配下にあった
アラブ地域の独立と、アラブ人のパレスチナでの居住を認めた協定。

2.バルフォア宣言、

1917年11月2日に、英外務大臣アーサー・バルフォアが、英国の
ユダヤ系貴族院議員である第2代ロスチャイルド男爵ライオネル・ウォルター・
ロスチャイルドに対して送った書簡で表明された、英国政府のシオニズム支持表明。

3.サイクス・ピコ協定

1916年第一次世界大戦後のオスマン帝国における勢力分割を
連合国のイギリス・フランス・ロシアが約した秘密協定。




.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR