ルペンリスク

フランス大統領選が4月23日に迫ってきた。

その見通しは、マクロン前経済相(独立系)、フィヨン元首相(中道右派)、
ルペンFN党首(極右)の三つ巴と言われている。

とはいえフィヨン氏は妻そして子供二人が給与を不正受給して
いたことが判明して人気と信用が急落。

5月7日の決選投票にはマクロンとルペンの両氏が進み、
結局マクロンが勝ってEUは安泰と言うのがメインシナリオだ。

したがってルペンリスクは残るものの、市場経済支持派の大統領の誕生
を予想して安心感が市場に広がっているのだが。



ここにきて4位、5位を争う社会党のアモン氏が左翼党のメランション氏
さらにヨーロッパエコロジー・緑の党(EELV)のジャド氏と統一候補について
話し合ったことが明らかになった。

左派候補が一本化されると現在首位を走るマクロン氏の決選投票
の進出が難しくなる。

決選投票がルペンVS左派候補となればルペン当選の可能性が高まり、
ブレクジットよりも一足早くフレクジット(フランスのEU脱退)が現実味を帯びそうだ。



ここは国際金融の安定に向けて是非とも
エマニュエル・マクロン氏の当選を期待したいところだが、どうなるか。

この人のことはよく知らないが、現在39歳で妻が63歳。
妻の連れ子が自分と同じ年齢とか。

マクロン氏が大統領になればフランスの結婚の形態が
話題を呼ぶことになるだろう

思い返せばオランド大統領も事実婚の相手を連れて
国賓として来日し、そのカップルの在り方が日本でも
話題になった。(すでに別れたのがまた凄い。)

どちらにしてもフランスの恋愛・結婚事情は
一日の長がありそうだ。



.
スポンサーサイト
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR