FC2ブログ

縁故主義

トランプ大統領が就任して100日となった。

これからは蜜月も終わり議会との対決色も強まるなど
いばらの道が続くことになるだろう。

この間目立ったのが、イバンカ氏と夫のクシュナー氏で、
先進国では珍しい縁故主義(NEPOTISM)がはびこる。

メラニア夫人はNYで子育て中で必要に応じワシントンに
来ているようだが、ファーストレディはもっぱらイバンカ氏。

過日もベルリンでのウーマンサミットにラガルド氏などとともに参加し
父を擁護してメルケル首相とやり合うなどその存在感は際立つ。



一方トランプ氏と言えば政策運営面での不安定さが目立つ。

スタートから大統領令が連発されたが、入国管理令が
頓挫し支持率も低迷するなど今後に不安を残す。

このような状況で何とか公約を実現しようと100日以内の
駆け込みを狙ったのが税制改革だ。

実現に向けての財源手当てや法案提出権のある議会への
根回しも不足気味ながら、とりあえず改革案を発表した。

具体的には法人税を35%から15%へ下げ
さらに個人所得税も下げる。

ただ国境調整税については、輸出面での減税は歓迎されるが
輸入に対する増税については一部企業に強い反対があり
見送りとなった。

つまりこれら税制改革案の問題点は財源の手当てが
見えないこと。

法人税下げで今後10年で2兆ドル(220兆円)場合によっては
5兆ドルにものぼる赤字がもたらされるとの試算もある。

さらに本来はオバマケアの撤廃で費用がカットされる予定だったが
それにつまずいたことで歳出は思う通りに減らない。

財政赤字の拡大を嫌う茶会党などが強硬に反対していることから
30年ぶりになる税制改革が実現するかは雲の中。



このようにトランプ政権には八方ふさがり感が強まっており、
必然的に頼れるのは身内ということになるのだろう。

春節のお祝いにイバンカ氏と娘アラベラちゃんが中国大使館を
訪れて中国語で歌い、緊張高まる米中関係に融和ムードが漂った。

また習近平夫妻がフロリダのマールアラーゴに来た時も
アラベラちゃんが中国で歌って米中の友好に貢献した。

お陰で母親イバンカ氏は「女神」と呼ばれて中国での人気は
沸騰しているようだ。

イバンカ氏頼みが続くトランプ政権の先行きは厳しい。



プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR