女性宮家

去る3月サウジアラビアのムハンマド国王続いて
スペイン国王フェリペ6世が国賓として来日した。

そしてともに皇居で晩餐会があり、さらにスペイン国王夫妻は
天皇皇后両陛下を案内役として静岡へ出かけた。

その目的は、400年前にスペイン国王フェリペ3世が
徳川家康 に贈った洋時計の見学とか。

このように天皇陛下の公務にはきりがなく、
どこかで誰かが歯止めをかける必要があるだろう。

もはや自力では止められないとすれば
やはり退位へと進むしかないと言うことか。



天皇陛下退位後について住処や上皇と上皇后という
呼称そして上皇侍従職の設置など大枠の検討が一段落した。

いよいよ平成はあと1年半で終わるが、皇室典範の見直しや
女性宮家の創設は右寄りの圧力が強くて踏み込めなかった、
と有識者会議の座長代理の御厨氏が語っている。

将来の皇室の安定的な存続を考えるならば、右寄りの内閣の今こそ
この勢力と議論できる絶好機だったはずだと御厨氏は言うのだが。

実際右寄りの勢力は、天皇は公務などする必要もなく、
存在するだけつまり寝ていても良いと考えているようだ。

したがって公務が十分に果たせないので生前退位したいとの
天皇の意思などもってのほかとの考え方が根強い。

この結果当分女性宮家の創設などは議論される
ことはなさそうだ。



とはいえ現在の皇室の若い世代(35才未満)は
親王1人、内親王3人、女王4人の布陣でしかも適齢期だ。

つまり皆お嫁に行けば跡継ぎは悠仁親王一人となり
皇室の将来の先細り感は否めない。

かといって女性宮家を7つもつくるのは不経済でもあり、
また普段顔も見ない方々に親しみも湧かず国民的合意も形成しづらい。

ついては国民に人気があり醜聞もない内親王3人が宮家を作ると言う
折衷案を押す声が案外多く、このあたりがおとしどころと思うのだが。

がそのような人気投票のような考え方は右にも左にも
受け入れられるはずもないか。

やはり将来は明治天皇の玄孫もしくはその次世代の
登場になるのだろうか。

昭和天皇の誕生日である29日は、天皇制度の在り方を
考えるのに良い機会のようだ。



.
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR