トランプ節

4月末のドゥテルテ比大統領との電話会談でトランプ大統領は、

「核兵器を持った頭のおかしい男をこのように野放しにしてはおけない。
我々は大きな戦力を持っている。彼の20倍だ。
だがそれを使うことは望んでいない。あなたたちは大丈夫だ」

とアジアの安定を保障する発言を行った、と報じられている。

とはいえその直前には、「金正恩は大したやつだ。いつでも会う」などと
発言していたことからすると、相変わらずトランプ節は気まぐれで、
ぶれやすくついて行けない感じだ。



そのトランプ大統領は目下中東、ローマを経由してNATO、
そしてG7へと外遊の真っただ中。

中東では反イランの旗の下アラブとイスラエルの協調を
訴えているが、この方針は果たしていつまで堅持されるのか。

すでに米国はじめ西側の企業はイランへの再投資を進めているが、
トランプ節にはハラハラし続けることになるだろう。

一方選挙期間中に「メキシコの壁」や「環境問題」について
ローマ法王から批判が出て反目したが、今回は30分におよび会談。

地球規模の環境問題についてローマ法王の懸念を理解したようで
今後前向きに対応すると言った趣旨の発言をしている。
とはいえこの発言をどこまで信じてよいやら。



ともかく外遊はいちおう無難なデビューを切ったようだが
果たして週末のG7でどんな評価をえる事ができるのだろうか。

国内に帰れば目下ロシアゲートが真っ盛りでストレスが続く。
したがってホワイトハウスでは側近をどなりつけているとか。

頼れるのはクシュナー・イバンカ両氏の親族だけの模様で
果たしてこの難局を乗り切れるのか分からない。

ともかくトランプ大統領の不規則発言、つまりトランプ節の
炸裂はまだまだ続きそうだ。


.
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR