期日前投票

選挙戦も終盤になりようやく投票先も決めたので
区役所の出張所へ期日前投票に出かけたら、大変混雑。

近頃は衆議院選といえども投票率が5割程度と低調な中で、
投票総数の2割を占めるという期日前投票は十分に機能
しているようだ。

お陰で22日の投票日に雨の中小学校まで出かけなくてすみ
また国民の義務を果たした気分でホッとしたといったところだ。



今回の選挙は「国難突破解散」などと言われたが、実に片腹痛く
また笑止千万の思いだ。

国民に信を問うべき何の争点もないのにもりかけ問題を封じるために
700憶円もかけるなど本当に民主主義の弊害を見せられた思いだ。

もちろん王制や貴族制下においては国民が政治に関与
できるなど夢のまた夢であり、国民が等しく参政権を獲得するのに
様々な苦労があった歴史を思えば、やはり積極的に投票参加すべきだろう。

それにしても民主主義は金もかかるし、それでいて優秀かつ高潔な人が
政治家になるわけでもないし、不毛の選択を強いられるのは苦役ともいえる。

それでも消去法の上で比較的マシな政党・人物を選ぶ努力を
するのが国民の義務そして権利と言ったところだろう。



現在の小選挙区比例代表併用制下においてはこれまでの経験から
25%の得票率で65%の議席数を獲得できる。

これで安倍一強政権が国民の支持を得たとして教育の無償化を
目くらましにして憲法改正をしてしまうつもりだ。

憲法9条がノーベル平和賞の候補にあがるなど天然記念物化
しているのは否めないが、政権が国民の支持を得たとして強硬に
改正へとひた走るのには違和感を感じざるをえない。

そこで野党の重要性が出てくるのだが、これがまた共闘しないで
希望が立民に刺客を送ったりと内ゲバ状態で、共倒れになったことを
反省すべきだろう。

つまり選挙後の政局は憲法改正をめぐって人気の落ちた小池都知事の排除を含めて、
野党の再編ということだろうか。



.
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR