シラノ

今月のフランス・ゼミの課題は全5幕の戯曲
「シラノ・ド・ベルジュラック」。

1897年の初演時にパリでは熱狂的な支持に
ロングランが続いたと言う。

その後日本でも新国劇が「白野弁十郎」として大正時代に
輸入して以来、日本で最も人気のある外国作品だとか。

確か1970年頃にNHKで尾上松緑と山田五十鈴のコンビが
演じていたが、これまで宝塚やミュージカルでも再三
取り上げられている。



今年は著者エドモン・ロスタンの生誕150年に当たることから
パリでも日本でも再度演じられるのだろう。

原文では韻を踏んでいることがその人気のひとつらしいが、
シラノが醜い鼻であるもののその男ぶりこそ人気の秘密だ。

それは高潔、名誉、自己犠牲、男気と言ったもので
日仏を問わず人々に愛される男の美学なのだろう。

実際ひたすら愛した女性への思いを隠して
友人のために筆を執り,身代わりになって愛を語る。

その忍ぶ思いが15年後の修道院でロクサーヌの
知るところとなりそしてその腕に抱かれて死んでゆく
ことで結実する。

これぞ恋愛の究極の姿と言うところか。

因みに三島由紀夫の理想とするところは葉隠れにあり
「忍ぶ恋こそ恋愛の至極であり思い死ぬことだ」と言う
のも当たらずとも遠からずか。



それでは眞子内親王と小室圭氏との恋の行方は?

表向きこそ「延期」と言われているが、「破談」「白紙撤回」が
ひそかに語られる。

宗教問題、金銭トラブル、格差婚など様々な障害を乗り越え
愛はますます燃え盛るのか?





.
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR