ワールドカップ

FIFAワールドカップが始まって1週間。

日本が予想を覆して快勝したように、有力とされる欧州勢が勝ち進んで
いる一方、番狂わせも結構起きる。

その最たるものがドイツがメキシコに敗れた1戦で、小が大を
食うの言葉通り勝負の世界は厳しいものだ。

これから1か月にわたり国家の意地をかけた戦いの日が続くのは楽しいが
やはり戦争はピッチ内にとどめてほしいとの思いも強まる。



このような環境で為替関係者もサッカーの行方が気になるのか
試合時間と重なるNY市場は動意が乏しくなっており、もっぱら
サッカーの中継がない時間帯のアジア市場がこのところ動きが活発だ。

そしてメルケル首相がサッカーにぞっこんなのに対し、米国は今回の
大会には参加していないせいかトランプ大統領はまったく無関心の風情で
もっぱら貿易分野での戦略に忙しい。

中国からの500憶ドルの輸入品に対し関税を課したが、中国が同額の報復関税で
対応し、それを受けて米国は2千億ドルの追加関税を賦課する検討を始めた。

両者ともブラフとの楽観的な見方があるものの、事態は泥沼状態になりかけており
米国株価も下落基調とその影響の深刻化が懸念されるところになりつつある。



知的財産権について中国はその意識は乏しく、
半導体産業の保護を重要課題とする米国がいらつくのも当然か。

11月の中間選挙まで5か月を切った現在トランプ大統領は国内優先を
打ち出しており、海外との摩擦をいとわない。

ということで米中貿易戦争が本格化してきたが、日本も
これから始まる日米通商交渉でバッシングされる可能性は高い。

2018年下半期は貿易戦争から目を離せない。


.
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR