酷暑

7月17日(火)  晴 35度

このところ連日40度に迫る酷暑が日本を襲っている。

90代のお年寄りが畑で倒れたなどとの報道を聞くにつけ
日中の野外活動を日の出前と日没後に限定しているところだ。

涼しくなる9月まであと何日熱帯夜を過ごせばよいのかと
考えるだけで気が遠くなる。

そして何よりもワールドカップも終わり2年後のこの時期に
開催される東京五輪が懸念されるのだ。

7時に始まるマラソンで一体何人の選手そして沿道の観客が
倒れるのかと想像すれば恐ろしい限りだ。

朝日の照り返しに気温は50度に達すると言われ、やはり朝5時に
繰り上げるしかないのではないか。



かつて暮らした香港では4月から10月まで南シナ海に面した
海岸で毎週のように海水浴をしていた。

それにしても夏が長くて最低気温が下がらず、
さらに湿度が高かったのには参った。

それに比べれば日本の夏は楽だと考えていたのだが、このところは朝から
夜中までクーラーをつけており、今や香港以上の暑さではないのかと思う次第だ。

ただし日本の夏はせいぜい3か月で四季がある点、
過ごしやすいのは確かではあるが。



日本の熱帯化により植生も変わったようで、近頃お米は北海道のユメピリカが
売れ筋となり、さらにスーパーの店頭ではパパイアやマンゴーも顔を出す。

パパイアやマンゴーなどは南洋の果物であり日本人にとっては
植民地時代の香りがする果物として認識されてきた。

昨今沖縄、宮崎もマンゴー作りをしているのも、
明らかに日本の気候の変化だろう。

温帯モンスーンから熱帯モンスーンに気候区分が変わるには
年間の平均気温や降雨量などが遠く足りないが、それに近づきつつ
あることだけは確かだろう。

しばらくは素麺とかき氷で暮らすしかなさそうだ。


.

スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR