FC2ブログ

世界史

.
20180920092611fee.jpg


パリ在住の竹下節子さんから近著「神と金と革命が作った世界史
ーキリスト教と共産主義の危険な関係」(中央公論新社)を送って頂いた。

毎年この時期に1冊づつ新刊書を頂いているが
音楽家としても多忙の中でこれだけの内容のものを
上梓できる能力については今更ながらに驚く。

まあ自らの尺度で考えるのでその能力に感心するのだが、
ご本人にとってはさしてどうと言うこともないのだろう。



ともかく一読したが内容が濃いだけに理解は十分ではなく
あらためて精読する必要がありそうだ。

アリストテレスと自然法から書き起こし、キリスト教そして西洋思想史の
系譜をたどりつつ、ロシアから南米、アジアなど様々な地域を巡り
キリスト教と共産主義を軸として思想の歴史を辿る。

特に神と金(カネ)と革命思想は共闘と排斥を繰り返し、三すくみ
のメカニズムが続いたとする。

そして副題にあるようにキリスト教と共産主義の関係についての
考察が今回の主なテーマだが、お陰で日本、中国、韓国など
アジアにおける近代思想の流れも良くわかる。

日本で言えば内村鑑三や志賀義男、中国では康有為や陳独秀、
朝鮮では金日成など知った名前が登場するのはうれしい。

と言うことで親近感のある人たちの登場でアジア編を楽しく感じるのは
やはり自らがアジアの人間の故だろううか。



人類500万年の歴史において数千億人が誕生しては死亡し、
また過去5千年においてメソポタミアに始まり世界に1000を
超える王朝が興亡した。

したがってヘロドトスや司馬遷など歴史は様々な人により
様々な切り口によっておびただしい数のものが書かれてきた。

今回の竹下さんの綴る世界史はまったく新たな切り口であり
極めて新鮮なものとなった。



スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR