FC2ブログ

TAG

今週は世界のリーダーがニューヨークに集まり様々な議論が
なされたが、ほぼ想定内と言うところ。

その中で最も異才を放ったのはやはりと言うべきかトランプ大統領。

国連総会の演説において選挙キャンペーンさながらに自らの2年の実績を
過去の大統領の中でも傑出していると自画自賛したことには場内から失笑が漏れた。

それにめげないのがトランプ大統領の真骨頂で、続いて行われた
日米首脳会談では通商問題で勝利したと国内向けに宣伝。

一方参院選を控えた安倍首相も負けておらず、国内に向けて農業、
自動車問題では一歩も譲らなかったと成果を誇っている。



実際のところは米国が優勢勝ちと言ったところで、日本側としてはとりあえず問題を
来年以降に先送りできたこと、為替問題に言及されなかったこともあり善戦したと
言っても良いかも知れない。

とはいえ日本が回避したかったFTA(二国間貿易協定)つまり二国間での
貿易交渉がキックオフされることになり、今後激しく市場開放を求められることになる。

それでなくとも日本の対米貿易収支黒字は中国、メキシコに続いて多く
早晩自動車への高率関税は避けられない。

この状況をどれだけ先送りできるのか不明だが、
今後二国間で激しい協議(FTA)で苦戦することになるだろう。

また官邸サイドはFTAの始まりをオブラートに包むべくTPPやFFRなどに続いて
TAG(日米物品貿易協定:Trade Agreement on goods)と言う新たな3文字英語を作った。

しかし実体としては物品での交渉から今後投資などと全分野に広がるだけに
FTAそのものだ。

どちらにしても今後は多国間の交渉ではなく米国と相対で闘うことになる。



ともかくトランプ大統領は中間選挙での共和党勝利が2年後の
再選のカギになると必死だ。

目下上院は共和党が過半数を制すると見込まれているが
下院は民主党が優勢だ。

残り1か月余りトランプ大統領は必死でキャンペーンを行う見込みであり
何が飛び出すのか注目されるところだ。


.


 
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR