FC2ブログ

異文化交流

11月1日の万聖節の秋休みを利用してパリから
竹下節子さんが10歳のお孫さんを連れて一時帰国された。

日本文化と日本語に触れる機会をとのお祖母さんの
思いのようで奈良や京都を巡るとのことだった。

と言うことで秋の一日我が家の8歳と
11歳の孫が異文化交流することになった。

朝表参道で会い夕方砧公園で別れるまで、豪徳寺で
招き猫を見たり経堂で回転寿司を食べたりして過ごしたのである。

言語コミュニケーションがままならない子供たちの交流の成果は不明だが、
幼年期に非言語コミュニケーションを経験したことは無駄ではなかったと願うところだ。



このように子供達が異文化交流をする一方で、筆者もまた
多文化に生きる竹下さんという異文化に接することになった。

つまり信濃町の真正会館でのカソリックの信者および
竹下ファンの集まる日曜講座を聴きに行ったのである。

テーマは「アートと信仰とインスピレーション」。

脳内の非言語空間で日仏文化が融合しているという
竹下さんの話はまさに筆者にとり異文化体験だ。

話は「聖霊」そして信仰との関係性についてから始まった。

さらにインスピレーション(霊感)と芸術についても解説されたが、
具体的にワーグナーや岡本太郎、紀貫之などが紹介され、まさに
文化論・芸術論を学ぶ絶好の機会になったのである。



常々「相場はアートだ」と思っている筆者としてはインスピレーションは
日々勝敗を決する重要なファクターだ。

そして年齢とともにインスピレーションは降りてこなくなるのか、と常々考えてきただけに
そうでもないとのご指摘に少し安心したところだ。

また「芸術は爆発だ」と言った岡本太郎の言葉に共感し、
「為替は爆発だ」とあらためて為替の楽しさを再認識したのである。

以上が10月に我が家が遭遇した異文化交流である。


..
スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR