FC2ブログ

クーデター

11月19日夕刻日産のプライベートジェットが羽田空港に
到着するや否や特捜が機内に乗り込みゴーン会長が逮捕された。

そして午後10時に西川社長が記者会見を行い事の顛末を
語ったが、その何と他人事のような発言の連続か。

クーデターかとの記者質問に対して否定していたが、
20年も君臨したゴーン氏への反発が社内的に予想以上に
大きかったのだろう。

挙げられた罪状を見てもゴーン会長と側近だけで出来る
訳もなく、反ゴーン派が自らの地位を保全しつつ特捜を
巻き込んでクーデターを起こしたと考えれば腑に落ちる。



ゴーン氏と言えば20年前に親会社のルノーの副社長から
1兆円の負債に青い気吐息の日産に乗り込み
コストカットで数年で黒字化した中興の祖でもある。

昨年には日経新聞の「私の履歴書」でその手法を詳らかに
していたが、その経営が厳しかったことは容易に想像できる。

したがって社内にそのうらみつらみが根付いていたに違いなく
積年のうらみがついに爆発したと言うことだろう。

罪状の金銭がらみについては、次のようなことが言われている。

①パリ、アムステルダム、ベイルート、リオに社宅を作らせ
 それを無料で使っていた。

②前妻との離婚訴訟費用を会社に負担させ、さらに再婚相手との
 ベルサイユ宮殿での結婚式費用を会社に負担させた。

年収10~20憶円の人が?と俄かには信じがたい噂が飛び交って
いるようだが、目下真相はやぶの中で、早晩明らかになるのだろう。



どちらにしても日産の株価は一日で6%値下がりし、
さらに若干円高にも触れたのではあるが。

ともかくゴーンショックが一時市場で材料視する向きもあったが、
それもこれも20年にわたるゴーン会長のカリスマ性の故と
いうことだろう。

ともかくこの逮捕劇で日産社員はフランス語や英語の
勉強から解放されたということか。


.


スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR