FC2ブログ

世代交代

盛夏のメルボルンの全豪オープンで大坂なおみが9月の
全米に続いて優勝し、ランキングでもトップに躍り出た。

21歳の若さそしてそのパワーとスピードからグラフや
ナブラチロワと同様に一時代を築きそうな勢いだ。

応援する根室のおじいちゃんが頻繁にテレビに登場するのは
微笑ましいが、日本のマスコミは大坂が日本人であることを
強調する姿が涙ぐましくもあり滑稽でもある。

ともかく女子テニス界では世代交代が実現したのは明らかで
潜在的なファンとしては何よりというところだ。



一方新しい時代の到来を前に「夜明け前が最も暗い」との
言葉を痛感させたのが大相撲だ。

人気を維持するために2年前に無理やり和製横綱を作った
ツケが回ってきたようで、やはり実力の世界に人気取りを
優先させた協会そして横審は反省すべきだろう。

実際3横綱休場、大関不振、若手人気力士不在とくれば
相撲ファンとしても不完全燃焼でこちらが休場したくなった。



そんな中で新たな希望は幕下で出世争いを演じる若い世代だ。

この注目される4人とは昨年高校卒業前の1月にデビューして
目下幕下に出世して力をつけつつあるホープたちだ。

その筆頭が朝青龍の甥の豊昇龍(幕下21枚目)で、今場所も
5勝2敗と6場所連続して勝ち越していよいよ十両が視野に入る。

体は少し小さめだがその狼を連想させる風貌と技のキレ味ともに
プロ好みで朝青龍のような力士になることが期待される。

そして続くのが埼玉栄高校卒のトリオでまず大鵬の孫の納谷
(幕下最下位の60枚目)。先々場所は負け越すなど少し壁に
当たっているようにも見えるが。

その他同級生の琴手計(ことてばかり)と塚原も幕下40枚目ぐらいに
出世しており、これらの力士は今年中に十両場合によっては入幕
の可能性も高まる。

目下はネットでフォローしているが、早く関取になり毎日TVに
登場してもらいたいと思っているところだ。


スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR