FC2ブログ

まほろば

やまとは 国のまほろば たたなづく青垣
やまこもれる やまとしうるはし

11代景行天皇もしくはその息子のヤマトタケルが遠くから美しい
やまとを思って作った歌とされる。

したがってこのところ「まほろば=美しい土地」と謳われた奈良を
懐かしく感じるのも関西出身者としては無理からぬところのようで、
昨年は2度訪れたが今年もまた出かけたいと思う。

そんなおり南都銀行が東京の顧客そして奈良のファンを対象にした
「まほろば支店」の開設講演会に参加した。



「まほろば支店」とは仮想の支店、つまり同行もインターネット
バンキングを開始するとのこと。

地銀もインターネットバンキングにコストをかけて取り組まねばならなくなった
ようで、預貸率が悪化し、低金利が続く中でもあり
銀行業も大変だなと思ってしまう。

とはいえそんなことは忘れて、帝塚山大学の西山厚教授の「大仏さんと
行基さん」というお話を聞いて奈良時代にタイムスリップしたのである。

この先生のことは知らないが、なんでもNHK奈良放送局で毎週
古寺を巡る番組を持っていて地元では人気を博しているとの
自己紹介があったのでたぶんそうなのだろう。

ともかくユーモアにあふれる話ぶりに引き込まれつつ
行基の人となりそして聖武天皇との交流などについて
お話を聞いたのである。



行基はため池や灌漑など土木事業で活躍し大仏づくり
に協力した人として小学校6年生は知っていなければならないとのことだ。

しかし行基の廟や建立したお寺などは馴染みのないところで
したがってこの高僧の詳細は余り知られていない。

と言うことで講演は今ひとつインパクトが乏しかったが、
やはり大仏にまつわる話ならば、聖武天皇やその娘の
孝謙天皇さらには藤原家の話を聞きたかったなというのが偽わらざる気持ちだ。

ともかく今回のお礼に、そして古寺関連の案内やギフトが定期的に
もらえるとのことでもあり早速まほろば支店に口座を
開設することにした。


スポンサーサイト
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR