FC2ブログ

逆イールド

企業体力が失われた今でこそ即戦力が求められるようになったが
かつての銀行は入社後3年程度は教育期間と位置付けられ、知的好奇心を
さほど刺激されることなく退屈に暮らした。

ただ5年目に入って国際金融とりわけ米国金融市場での
ファンデイングをする部署に配属されがぜん仕事が面白くなった。

つまり理論と実践を同時に経験することになり、ともかく寝る間を
惜しんで金融理論を勉強しては米国で起きる経済事象のフォローに没頭し、
挙句の果てに睡眠不足で体が動かなくなる事もあった。



当時学んだことの一つに長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」。

一般には景気後退のサインと理解され、この結果経済は減速すると言われる。

今般米国10年債金利が2.4%に下落し、2年債や
3か月物TBを下回ることになった。

先日まで米国の今後の利上げ回数は2度か3度かと議論
されていたのに、FRBの方向転換に今や市場では年内2度の
利下げ確率が6割と大きく振れたのである。

逆イールドが景気後退に結びつくには1年余りのタイムラグがあるともされるが
「スポット価格は将来のすべての要因を含む」と考えるのが妥当。

つまり将来発生するであろう事象も現在価値に織り込まれることになり、
その結果金利そして為替の価値が足元で急速に低下するのは避けられないこととなる。



再三パウエルFRB議長が口にする世界経済のリスクについて、それを裏付ける
ようにドイツの製造業PMI(購買担当者景気指数)が44と6年ぶりの
低水準になり、不安心理を一気に増幅させた。

もちろん統計のひずみも多少あるのかもしれないが、やはり中国
そして欧州と軒並み世界経済は悪化しているのではないか。

とすれば米国金利および米国経済上昇の可能性は乏しくなり、
いくら米中通商問題がソフトランディングしたとしても経済の
不確実性は拭えず、ドルの下落は必然となるかも。

目下の円相場は110円でこのところ107円~114円の往復を
続けているが、いつ何時大きな地殻変動が起きてもしようがないのではないか。

ということで半年後100円、1年後90円シナリオの発生確率を20%ぐらい
として円買いにかけてみるのも一興か。


.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR