FC2ブログ

6二銀

藤井七段2018年度の最後の一戦は
中田八段との竜王ランキング戦。

序盤から押しまくられ敗色濃厚の中、土壇場に繰り出した
6二銀の妙手で大逆転勝利となった。

コンピューターはすでに95%の負けを予想していたのだが、
この最終盤の103手目が史上に残る一手となったとか。

この結果今年度の勝率は昨年の8割3分を上回って8割5分と
2年連続の最高勝率を飾って高校1年生のシーズンを終えたのである。



実際8割5分と言えば17勝3敗で、これは負ければ座布団
が飛ぶ白鵬とほぼ同様であり、憎いほど強いと言うことである。

1年目こそ下位を相手にすることが多かったが、2年目は上位陣と
の対局が増えているので、文句なしに強いということだ。

実際現役棋士を見ても通算で7割を越えているのは羽生九段と豊島二冠ぐらいで
それだけでもその凄さが推し量られる。

春休みが終われば高校2年生。

あまり勉強に時間と労力を取られなければ一層の
成長が期待できるところだ。




こうして将棋の世界は藤井七段が登場した2年前から盛り上がっているが
囲碁界もまた小4棋士仲村菫さんというホープが登場して注目度が高まっている。

中韓と競うための促成プログラムのゆえの登場らしいが、
未だ身長126センチの可愛い女の子のどこにそんなパワーがあるのか。

井山七冠も自分の小学生の時よりも強いと言っているだけに
将来性は相当のものだろう。

将棋、囲碁ともに高2そして小5の若者に主導される
2019年度は大いに期待してもよさそうだ。



.
スポンサーサイト



プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR