FC2ブログ

上級国民

過日池袋で12人を巻き込んだ交通事故が発生し、
31歳の母と3歳の女児が死亡した。

その絶望の淵を漂う父親の記者会見は余りの気の毒さで
ふつふつと加害者への怒りが沸き上がってきた。

そしてそれ以上の怒りが加害者である87歳ドライーバーに対する
警察およびマスコミの特別扱いに及んだ。

本来このような加害者については即刻逮捕であり、報道も
呼び捨てもしくはせいぜい名前の後に容疑者をつけるのが普通のはず。

実際翌日神戸・三宮で2人を死亡させたバス運転手は直ちに身柄が
拘束された。

しかし池袋の場合は「飯塚さん」とさんづけで報道し、そして病院で
加療した後任意で事情聴取するといった特別扱いとなっている。

その違和感は多くの人が共有しているようで、今SNSではこの加害者への
警察およびマスコミの忖度に対し批判が殺到しているのである。



加害者は通産省の高級官僚でクボタに天下りしさらに勲章を授与され、
SNSによれば上級国民に分類される人とのこと。

したがってこのキャリアに対して警察・マスコミがおもねっている
ように映り、国家の権力が影で動いているのではないかとも憶測される。

事実事故発生時に加害者は119に電話するどころか、直ちに息子に
連絡し対応を相談したとも伝えられる。

その結果即刻自宅電話が解約され、SNSなどすべてが削除される
手際の良さが非難の声を高める原因となっているのである。



この胸骨を骨折したという87歳の加害者は病院において
今何を考えているのだろうか。

これまでのところ被害者に対する謝罪もないようだし、
一切は保険会社まかせで賠償金を支払って終わりとする可能性が高そうだ。

そしてこの高齢ではせいぜい在宅起訴どまりで、
どのような判決が出ても拘留されることもないだろう。

つまり結審を待つ間に意識はもうろうとしてくる可能性
もまた否定できない。

今回の事故で感じたのは、①被害者は浮かばれず気の毒、
②罪をも償えない高齢者は運転を自粛すべき、③法の下に国民は平等であり、
上級国民などの身分制があってはならない、ということだ。


.

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR