FC2ブログ

分断

目下ラグビー・ワールドカップは佳境に入りテレビ観戦で忙しい。

もともとラグビーは番狂わせが起きにくいと言われているのに
日本は4年前の南ア戦に続いてアイルランドに勝つ大番狂わせを演じた。

この事件により久方ぶりにラグビーファンのみならず日本国民に
高揚感と一体感が広がったように感じられた。

この現象はスポーツのもたらす効用ではあるものの、日常的に社会が
分断され国民が孤独感を深めている裏返しと言えなくもない。



そんなおり目下ノンフィクション部門でベストセラートップを走っている
「上級国民/下級国民」(橘玲)を読んだ。

今春の高齢通産省官僚による池袋の交通事故や農水省元次官に
よる長男刺殺事件などで急速にネットスラングであった
このワードが一般化してきたのを機にそれをタイトルにして書かれたもの。

もはやこの種議論は聞き飽きた感も拭えないが、
半ばMUSTとして社会学的考察に目を通した次第だ。

著者の分析によれば今日的社会の分断は日本特有の
ものではなく世界的な潮流であるとのこと。

分断は知識社会化、リベラル化そしてグローバル化が進む中で
必然的に生まれてきた現象であるとのことだ。

実際フランスの黄色いベスト運動(ジレジョーヌ)、トランプ大統領登場、
英国のブレクジットなどは、
世界が「総体」として豊になるのと引き換えに起きていると言うことのようだ。



このような社会の分断が進む背景には教育格差が存在する
と通常理解されているが、その顕著な例として挙げられる国は何と言っても米国。

その実情を知るべく引用されているのが米国の政治学者マレーの
「階級断絶社会アメリカ 新上流と新下流の出現」。

本書においては人種問題を回避して
その分析対象を白人に
限定したものとしているところが特徴だとか。

その結果知識層とそれ以外(プアホワイトなど)とは別々のコミュニティに
暮らしていることを郵便番号(ZIPCODE)と世帯所得の統計調査から突き止めている。

その結果として知識層の最も集まる「スーパーZIP」はワシントンで
NY,サンフランシスコ(シリコンバレー)、さらにロサンゼルスやボストンが続くようだ。

マレーはスーパーZIPに暮らす人を「新上流階級」と呼び、
ヒトは同様同種の人間と同じコミュ二ティに存在するのが
快適である結果だとしている。

これまで米国で起きている社会経済現象は10年程度のタイムラグで
太平洋を渡るとされてきた。

それだけに日本でも「スーパーZIP」の芽はすでに育っているに違いなく
近い将来より顕在化してくるのだろう。

その一例として都市と地方間での格差は一層顕著となっているし、
東京23区でも給食費不払い率などでも明らかなように地域間の格差は鮮明化してきているのだ。


.


スポンサーサイト



プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR