FC2ブログ

気候変動

過日のダボス会議は刺激的な話題や発言は少なく
市場へのインパクトも皆無に終わった。

その中で注目されたのは環境保護活動家のグレタさんが講演し、
全身に怒りを漲らせ何も行動しない大人たちを叱りつけたことだろう。

飛行機を拒否し、エネルギーの消費を忌避する過激な
思想の行き着くところは、二酸化炭素を排出する人間の
存在の否定に至るのではないかと心配になる。

この怒りと殺気の源泉は若さか、病気かそれとも
ジャンヌダルクの再来と持ち上げる一部大人たちのせいか。



気候変動の人類に与える影響は様々にあるが
歴史的にも国家・民族の興亡は環境変化なくして語れない。

地球は1万年余り前に氷期を終え間氷期に入っているが、
他方数百年単位で寒暖を繰り返して現在にいたっている。

この長期的温暖気候下において農耕、遊牧などの生産活動が
活発化してきたが、紀元前後において大きく変動した。

特に紀元前1千年紀は温暖化が顕著でギリシャに続いて
ローマ帝国が繁栄した背景と考えられている。

しかし紀元後に寒冷化が進み、民族の
大移動が起きたことが
ローマ帝国の衰亡の遠因になったとされる。



中国でも同様で、紀元前に匈奴など遊牧民も安定的
な生活を送り農耕民との関係も友好的と言えた。

お陰でその時期に秦漢帝国という中華帝国の礎が築かれたのである。

しかし紀元後とくに三国時代において寒冷化による
草原の縮小に伴い遊牧民が南下した。

その結果魏が滅び、遊牧民が入れ代わる五胡十六国の時代に入り、
遊牧民の流れを汲む隋唐帝国ができるまで戦乱が続く。

このように気候変動が人類に与える影響は甚大であり、
さすれば気候変動について深く考える必要があるのは明らかだ。

ということでグレタさんの怒りも当然なのかも知れないが、
叱るばかりでなくチコちゃんのようにユーモアがないと人々は
耳を傾けてくれないのではないだろうか。



.
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR