FC2ブログ

成長と環境(1)

友人のT氏から京都大学の環境経済学者・諸富徹氏
の新著「資本主義の新しい形」を頂いた。

この先生は過去50年に渡る世界経済について理論的そして
実証的研究を通し、なぜ世界経済は成長を減速させたか、
とりわけ日本の産業が世界競争から脱落したのかを解き明かす。

その問題の本質を「資本主義の非物質的転回」と位置付け、
その変化に日本の家電に代表される産業が「ものづくり」
に拘り、資本主義の変化に取り残されてしまったとする。



実際この50年を振り返れば日本経済の減速は顕著で
かつては二桁成長も珍しくなかったが、今や1%が精いっぱいで、
世界も3%と成長鈍化は明らかだ。

その理由はこれまでも様々に語られてきた。

①長期的に見れば産業革命そして電気エネルギ―が発展した
第2次産業革命など人類史を転換させるほどのインパクトがある
発見がなされていないこと。

②IT革命といえどもスマホの普及にみられる通り、商品が
行き渡れば収穫逓減の法則を突破できなくなるのが現状である。

③そして本著で触れられていないが、何よりも人口動態の変化も
大きい、つまり米中日欧など先進国で明らかなように人口ボーナス期は
終わり人口オーナス期に入っている。



「資本主義の非物質的転回」とは何かといえば、第二次産業の
デジタル化、具体的には労働力や消費の非物質化=知識集約化
そして脱炭素化と言ったところか。

つまり原油を燃やしてはエネルギーを消費し、環境に配慮することなく
モノを作り続けることの限界に達したと言うことだ。

GAFAに代表されるように第二次産業の第三次化つまりサービス化が
米国では図られたが、日本は脱炭素化はコスト増大と認識し、エネルギーを
燃やし続けるものづくりに拘泥したということだ。

日本企業はものづくりこそがDNAと言ってはばからず、環境を成長の
対立概念ととらえることにしばられてきた。

そのつけが回ったのが現状であり、成長と環境は対立概念ではなく
両立する二項であるとする世界基準に早く転換する必要があると
するのが本著の言うところだ。

本著は冒頭に50年も前に「成長と環境」について論陣をはった
都留重人氏を登場させ、さらにソロー、宇沢弘文、サマーズなど
理論面の妥当性も検証している。

日々中国TVドラマを見ながら唐の武則天や明の6代英宗の時代を
のんびり逍遥している筆者に、活を入れるかのごとくこの良書を
送ってくれたT氏に厚くお礼を申し上げたい。



.
スポンサーサイト



プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR