紀尾井坂

過日紀尾井ホールへ出掛けた。

赤阪見附からホールへ向かう道は
ソメイヨシノは散り葉桜となっていた。

道に沿う多くの樹木は新緑が芽をだし
八重桜そしてハナミズキの季節が巡ってきていた。


(清水谷公園)

紀尾井坂を登りながら、小泉八雲作
「むじな」の話を思い出した。

ところがそれは勘違いで、その舞台は
「紀尾井坂」ではなくて赤坂「紀伊国坂」。

その怪談とは次のようなものだ。

昔商人が夜道を歩いているとお濠端で泣いている女中がいた。

やさしく声をかけて顔を見たら、目鼻口のないのっぺらぼうで
恐ろしくて逃げに逃げたということだ。


(八重桜)


(ハナミズキ)

当日のホールでの催しは日墺文化協会との共催による
「シューベルトソサエティ20周年記念コンサート」。

オールシューベルトプログラムで
演目は以下の通りだった。

1.ピアノ               (深沢 亮子)
  「ワルツ」「即興曲」       

2、チェロ               (水野 由紀)
  「アルペジオーネ・ソナタ」

3.バリトン・バス          (池田 直樹)  
  歌曲「冬の旅」



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
斉藤洋二さんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がしますヽ(*’∀’*)/

だからもっとお話させてもらえたらなって(○゚ε^○)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

斉藤洋二さんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます(人´∀`)
プロフィール

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR