一子相伝

きんもくせいの芳しい香りとともに9月が過ぎ10月に入った。

かつて竹内まりやは「September」で「そして九月はセプテンバー
さよならの国めぐる季節の色どりの中一番さみしい月」と歌った。

今年も9月は雨が多くて寂しい季節だったとの印象が残ったが、
10月は秋晴れの空の下栗拾いでも、それとも栗のスイーツでも食べてみたいと思う。

ところでこの竹内まりやと夫・山下達郎にジュニアがいるのか
知らないが、もしいればどんなに音楽的才能に富んでいるだろうか?



過日NHK「SONGS」で久しぶりに宇多田ヒカルの歌声とトークを聞いた。

現在ロンドンに住んでいるが、母親となり久方ぶりにアルバムを
出しての登場となったようだ。

驚いたことに前髪をパッツンしていて、その姿は
藤圭子が70年前後に「15,16、17と私の人生暗かった」と唄い
一世を風靡していたころとそっくりになっていた。

声の質も全く違うように聞こえるが、デビュー以来すでに18年、
その音楽性は既に親を超えまさに母子相伝と言うところか。



その数日前、NHKドキュメンタリー「父・尾崎豊を見つめて」で
尾崎裕哉を特集していた。

この若者はボストンで育ち慶応の大学院を卒業した26歳で、
現在父親が死亡した年齢に達し、メジャーデビューをしたところ。

これまでもその容姿のさわやかさに加え、「I love you」など
父の曲をカバーして話題になっていた。

この父子の歌声を何度も聞き比べしてみたが、本当にそっくりで
父子相伝いやはや才能とは遺伝するものだと確信したところだ。

現在自作に取り組んでいるが、その音楽性は父を超えることが
できるか興味の湧くところ。

宇多田ヒカルのようにただの二世と言われないレベルを
証明してもらいたいものだ。


.

.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR