日比谷公園

週末ワシントンで日米首脳会談が行われ、
さらにフロリダで両首脳はアーニー・エルスを交えてゴルフをした。

二人のゴルフの腕前は、大統領はドライバー280ヤード
ベスト66、ホールインワン5回とプロ並みだ。
(とはいえグリーン回りは何でもOKとの話もある。)

一方首相はベスト89らしく、どうやらアベレージは90台後半当たりのようだ。

まさかドル高・ドル安のどちらかを賭けたわけではないにしても、
日米のゴルフ対決は明らかに米国の圧勝となっただろう。



トランプ大統領の通商そして為替問題についての認識は、
日米構造協議で不公平是正に向けて日本たたきが真っ盛り
だった1980年代に作られた模様だ。

実際当時も今も日本の国際収支構造は黒字で円安ではあるが
内容が大きく変わっている点は見逃せない。

2016年の貿易統計では、経常黒字(20.5兆円)、
うち貿易黒字(5.6兆円)および旅行収支黒字(1.3兆円)
第一次所得収支黒字(18.1兆円)となっている。

つまり80年代は経常収支の大半は巨額の貿易黒字が占め、
所得収支はほぼゼロ近辺にあった。

その後円高圧力を受けて海外などへの生産拠点の移転など
海外投資が増えるにつれ貿易収支黒字は圧縮された。

一方海外投資の増大により金利や配当収入が大きくなり、
これが日本の経常収支黒字の大部分を占めるように
なったことが特徴的である。



このようにヒト、モノの流れを含めて日本の経済構造は大きく
変化しているのだが、大統領の円安批判そして日銀の
金融政策批判が今後収まるとも思えない。

これから麻生副総理とペンス副大統領をヘッドとする
経済対話が進められる予定だ。

ただ、自民党の二階幹事長と並び麻生財務相も
77歳で年齢的な衰えが目立つと言われている。

ハードネゴで米国を説得できるのか、
日米関係の先行きは楽観できない。


PS.

週末結婚式・披露宴が日比谷公園内の
レストランであった。

屋外での人前結婚式は初めてだったが、
2月にしては暖かく青空の下快適だった。

続いて小鳩のローストやヴィンテージワインを味わいつつ、
若い二人の門出を祝った。


(日比谷パレス)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR