嫌い嫌いも

日本の失業率は2.8%と完全雇用状態にあるが、
米国も4.5%と一時の9%台からずいぶん改善。
米経済はかなり良い状態で、早期利上げが見込まれている。

したがって大統領選中以来トランプ氏はイエレンFRB議長の
超金融緩和策を批判してきたが、どうも雲行きが変わってきた。

あれだけ「嫌い嫌い」と言い続けたきたのに、それも「好きのうち」
だったのかも知れないのだ。

2018年年3月に任期切れとなるがその続投もありうる可能性が高まった。



それにしてもトランプ大統領の発言はぶれやすく
ついて行くのは大変だ。

あれだけ重用していたバノン首席補佐官を更迭目前に追い込んでおり、
またロシアとの蜜月は一転して険悪化、さらに敵対していたはずの
中国とは仲良くなったり。

また曖昧さを残していた為替問題についても今やドル高は
耐えられないとしてドル安志向を明らかにし始めた。

これから日米経済対話が始まる。

日本は為替問題や二国間FTA問題を避けて通りたいと考えているが、
米国は直球勝負に出てくるようで、今後ドル安が進む可能性が高まってきた。



一方ルペンVSマクロンの決戦投票でマクロン圧勝で無風と見られた
フランス大統領選も急速に風雲急を告げだした。

近頃の世論調査では、ルペン24%、マクロン23%、メランション19%、
フィニオン18%と極左のメランションが急速に支持を広げて混戦に。

場合によってはルペン、メランションの左右決戦になる可能性が浮上。

脱EU、脱NATO、富裕層への課税を掲げるメランションと脱EU、反移民のルペンが
1,2位を占めれば、世界の政治そして金融市場が大混乱をきたすのは必至。

はたしてどうなるのか。

フランス国債の金利がすでに上昇傾向を辿りだしたが
そうなれば欧州の混乱はかつてのギリシャや英国離脱の比ではなさそうだ。

北朝鮮、日米経済対話、フランス大統領選と日本の周辺は
緊迫してきたが、国内は春の陽気に誘われて至って平穏。

実際日本のマスコミと言えば浅田真央の引退ブログから4日を経過
しても相変わらずの関連情報の垂れ流し状態。

「真央ちゃんってそんなに偉大だったの?」などと発言すれば
どのようなバッシングを受けるかも知れない。

それが平和日本の掟なのだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR