慶事



砧公園ではバラが満開で、黄、赤、ピンクのバラが新緑を背に
一斉に咲き誇っており一年で最も美しい季節を迎えた。

いよいよ初夏の香りが漂い始めたまさにこの時
秋篠宮家発の慶事の朗報が日本中を駆け巡った。

皇室の先細りが懸念される一方で、女性宮家の創設も立往生する
古色蒼然たる皇室に「恋愛結婚」の風が吹いたのは何よりだ。

相手の人は「海の王子」とかのイケメン君で、国際弁護士を目指して
勉強中とのことで将来は不確定ながら可能性に溢れている。

知り合う切っ掛けとなった渋谷で行われた「留学生の意見交換会」とは
何か?と思ったが、要するに合コンと説明されると腑に落ちる。

また持参金が1.5億円程度と聞けば、マンションも買えるし
若い二人は生活に困ることもなさそうだ。



ともかく血筋と身分にこだわり降嫁に躊躇する女性皇族が
散見される中で、思い切って恋愛結婚に踏み切った二人にエール。

これで秋篠宮佳子様そして敬宮愛子様も恋愛結婚への道が
開いたことは何よりで、いよいよ悠仁親王が前面に出てくることになる。

この人に嫁ぐ人は男子の出産を義務付けられるわけで
そんな緊張を強いられる花嫁に手を挙げる女性がいるのか。

いるとすれば気の毒というか勇気があるというか。
15年後が楽しみだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR