江戸探訪

孫娘がお正月のお楽しみ会の抽選でゲットした
ホテル宿泊券をプレゼントしてくれた。

と言うことで水天宮前のロイヤルパークホテルに出かけ、
筆者の誕生日を祝うとともに江戸・東京を探訪することにした。

まず隅田川を渡って松尾芭蕉の足跡が残る深川へ。

この地域には芭蕉記念館はじめ句碑などが残っているが、
奥の細道の出発点でしかなく、やはり山寺(立石寺)など歌枕の方が有難い。


(清澄庭園)

そして花菖蒲が見頃の清澄庭園へ。

ここは紀伊国屋文左衛門の屋敷跡で、
岩崎弥太郎が現在の庭園へと一変させた。

池にはさぎが遊び、亀が泳ぐなど時間はスローに流れている。

ちなみに都立庭園は後楽園、六義園、浜離宮、向島百花園など
9箇所あるそうだ。


(日本橋三越前)

そして江戸の中心地日本橋へ。

この地は明治以降も日銀・東京証券取引所など金融街として栄え、
個人的にも長く働いていたところで懐かしいエリアだ。

夕闇迫る中散策の後三越前のカフェ「エメヴィベール」にて
ラングドックの白とロワールの赤で乾杯。

この本店は麹町の立派なフランス料理店だが、
ここはカジュアルながら立地もよく、美味しいことは言うまでもない。


(堀切菖蒲園)


(柴又と寅さん像)


(柴又帝釈天)

翌日は江戸への農作物の供給地であった葛飾の面影を探ろうと
柴又そして6000株もの花菖蒲が満開の堀切菖蒲園へ。

柴又の駅から帝釈天に続く短い参道には何と団子屋が7件も。

大型バスが運んできた中高年で賑わっており、フーテンの寅さんが
登場して半世紀、まだまだその効能はあるようだ。

とまれ思いがけず花菖蒲を楽しみながら江戸の小景と情緒を
満喫する旅となった。



.
.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR