中国共産党

王岐山と言えば2008年のリーマンショックの際に
ヘンリー・ポールソン米財務長官の要請を受けて
4兆元投資を実現した実力派の副首相(当時)だ。

その手腕は西側とくに国際金融の世界で広く知られているが、習近平体制に入って
以降常務委員となり習近平の盟友としてこの5年反腐敗闘争をリードしてきた。

そしてこの10月の共産党大会を控えて68歳の定年を迎え、定年延長による
習体制の強化が図られるのではないかとその去就が注目されてきた、
つまり今年の共産党人事の目玉の人だと言って良いだろう。



ところがこのところその動きが全く報道されなくなったことから、
「王岐山失脚か」と言った噂が急速に広がってきた。

反腐敗の象徴であったこの人が、巨額の汚職に手を染めていたとか
習近平の腐敗に手を突っ込み虎の尾を踏んでしまったとか、
いつものことながら香港経由で様々な憶測が世界に発信されているのだ。

それでなくとも過去5年、周永康や薄熙来を追い落とし江派そして
共青団の恨みを買っており、まさに権力闘争の中心人物なのである。



実際中国では党大会まで4か月を切り、
習近平の2期目の人事が最大の関心事となっている。

8月に行われる河北省のリゾート地北戴河(ほくたいが)での長老との人事調整などは
例年にも増して重要視されており、今はそれを控えて激しい攻防が繰り返されている。

それでなくとも習近平の後継者として胡春華と共に常務委員会入りが
予定されていた重慶市総書記・孫政才の手ぬるい政治手腕に批判が高まる。

一方で習近平の側近である栗戦書,陳敏爾,王滬寧などの台頭が
伝えられているだけに、その後継問題は混迷化しているのも明らかだ。

習近平は「核心」として名実ともに紅い皇帝として君臨を狙い、
10年の任期を延長しさらには院政を敷く腹積もりがあるように見られる。

その権力の行方について闘争ははいよいよ佳境を迎え、経済・外交問題
はひとまず棚上げで、今後どんなニュースが飛び込んでくるのか分からない状態だ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR