ナナ

6月のフランスゼミのテーマはエミール・ゾラの「ナナ」。

写実主義と言えばバルザックなどが主にブルジョアを描いたが
自然主義の代表のゾラは社会の底辺で暮らす人々にフォーカスした。

この作品は1879年に出版され日本にもその評判は伝わり
子規もエッセイに書き、特に永井荷風は強く影響を受けた。

荷風は1907年頃横浜正金の行員として
1年間リヨンで遊び、その時に強く感化されたようだ。



この小説は女優であり高級娼婦であるナナの
16歳から19歳の死去するまでの奔放で短い人生を描く。

実際3歳の子供を里子に出し(その父親は50歳以上だったようだ)、
オスマン通りのハンガリー人のパトロンにもらった家には
多くの貴族から少年までが通ってくる。

当時のパリは人口50万人余りで娼婦は4万人もいたとされ
その最上級に位置するのが高級娼婦と言われる人々。

その高級娼婦にもクルティザンヌ( Courtisane)とドゥミ・モンド(Demimonde)の
2種類があったようで、前者は宮廷につかえる女性と言う意味で、ルイ15世の愛妾・
ポンバドール夫人などもそれに入るようだ。

そしてナナは様々な男を手玉にとってその世界でどんどんのし上がって行く。

その魅力に多くの男が財産を失うことになるが、そのナナの姿は
まさに第2帝政(1852年から1870年のナポレオン3世の時代)
における文化爛熟の象徴的存在と言ったところだ。



小説はナナの天然痘による「グランドホテル」での病死で終わるが
一流ホテルでの死亡はある意味で彼女の成功を示唆しているともいえる。

しかしその死顔の醜さについてのリアルな描写はこの小説に
一環して通じるもので自然主義文学の代表作にふさわしいと言ったところだ。

とはいえ700ページの大作はちょっときつかった。



.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR