梅雨明け?

九州では豪雨災害が発生しているが、東京ではすでに
梅雨明けを思わせる真夏日が続いている。

また大相撲が行われている名古屋も同様で、体の大きい関取衆にはさぞや
きついとしても、観客も汗を流しながらの観戦は難儀だろう。

そんな名古屋場所で注目されるのはやはり白鵬。

通算勝ち星の新記録達成なるかに関心が高まっているが、
32歳の白鵬については引退後が注目されつつあるのも仕方ない。

親方になるのかそれとも母国に帰り大統領を目指すのか。



そんなおりモンゴルで大統領選が行われた。

人口300万人のこの国はロシアと中国に完全に挟まれた内陸国で、
外交的には歴史的につながりの深いロシアとの関係を維持しつつ、
中国の一帯一路構想の恩恵により経済再浮上を狙っている。

とはいえ鉱物資源頼みのこの国は資源相場の下落に直撃されて財政の
苦しい時が続いていおり、結局野党のバトトルガ大統領が選ばれた。

この新大統領は元柔道選手で親日派であるせいか、
第3の隣国である日本との関係重視も謳っている。

そしてこの人の選挙運動を手伝ったのが元横綱・朝青龍ことドルゴルスレン・
ダグワドルジ氏で、どうやら大統領の顧問につく見込みのようだ。

朝青龍は実業家として活躍していると伝えられていたが、
どうやら政治的野心は満々といったところのようだ。



ということで将来のモンゴルの大統領に朝青龍が就任し、
さらに白鵬にバトンが繋がる可能性が出てきた。

白鵬が日本に残り親方になる条件は日本への帰化であり、
帰化しないでの親方就任を支援してくれた北の湖も亡くなった今、
その芽はなさそうだ。

やはり白鵬はモンゴル国籍を保持し、モンゴルの大統領を
目指すべきではないだろうか。

そうなれば大相撲は国技の枠に止まらずより
インターナショナルな存在となるだろう。

相撲ファンとしては大歓迎だ。






.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR