政局流動化

安倍一強と言われ盤石を誇った現政権が、毎日新聞の調査で
支持率26%となるなど一気に政局は流動化してきた。

実際不祥事が続いた自民党ではその掉尾を飾って
「女性首相を目指す」と公言していた稲田防衛相が辞任。

あれだけ虚偽答弁を続け、またヒールと網タイツで自衛艦の
甲板を闊歩しては傷付け自衛官の顰蹙を買っていただけに遅きに失した。

また民進党の蓮舫代表も二重国籍問題で嘘をつき続けた結果
党内の支持を完全に失って辞任。

結局二人の女性首相候補が消え、
残ったのは小池都知事ひとりとなった。

来年末ではなく一転して早期解散の風が吹き出した政界において
この人の動きは一層脚光を浴びる。

特にかつての日本新党のようなブームを巻き起こすのか。
(結局ブームは泡のように消えたが)

とはいえ野党連合で政権を目指すのか、それとも保守の一角として自民党を
支えるのかすら見えないだけに過剰な期待はすべきでないことは分かってはいるのだが。



安倍首相はといえば内憂外患。

国内もさることながら、外交面においても「トランプ第一」を掲げているだけに
海外でも風当たりが強まっているようだ。

実際過日のG20における日中首脳会談において、尖閣、南シナ海、
北朝鮮問題などについて中国批判を繰り返したようだ。

しかし逆に習近平主席から厳しい反撃されたと言われ、
二人が握手する写真に笑顔はなく顔面が強張っていたとか。

中国も、地球儀を俯瞰する外交と言いつつも実際は米国べったりの
安倍外交の本質を見抜いているようだ。

今や中国は米国への反発を強めるとともに
同時に日本への対応も厳しくなってきている。



それでも安倍政権は来年の自民党総裁選を勝ち抜き
3期目において東京五輪と憲法改正を依然目指している様子だ。

果たして3日に予定される内閣改造が支持率回復、
衆院選勝利、総裁3選に結びつくのだろうか。

目下の国民の気持ちはかけもり論戦を通じ現内閣の隠蔽体質に
嫌気しており、その不満をどこかへぶつけたいとの思いが強まっている。

石破、岸田では根本的な不満解消には至らない。

やはり小池百合子に期待が集まり、
選挙民の最大の関心事と言うことになるのだろう。

どのように組織とカネを揃えるのだろうか、面白くないがやはり民進党の右寄りの前原あたりと合流か?


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR