一線を越える?

神戸市議とタレント国会議員の不倫疑惑問題が
お茶の間を賑わせている。

新幹線での手をつないでのうたた寝やホテル廊下をパジャマで歩く姿が
報道され、当人たちの「一線を超えていない」との主張だけが空しく響く。

まあバカバカしい話題ではあるが、「そもそも一線とは超えるべきためにある」
などとの野次は妙に納得するところでもある。



為替市場はこのところ夏枯れの様相を強め、ボラティリティ
(変動率)が低迷し、どこもかしこも儲からなくて悲鳴が上がる。

とはいえドルは少しづつ切り下がっており、ついにユーロ・ドルは2年7か月ぶりの
高値に上昇し、今や1.20の一線を越えようとしている。

一方ドル円についてもじりじりと円高が進み、本日は約2か月ぶりに
110円の一線を越えて109円台へ突入しそう。

いよいよ105円に向かって投げ売りが出るのかどうかが注目されるが、
市場はいたってスローで「動かざること山の如し」だ。

常識的に考えれば一線を越えることなく1.20、110円を壁にして
またまたボックス相場で推移するということになるのだか、
やはり一線は超えるものでもあることを忘れてはいけない。



米国に目を転じると、トランプ政権では人事がごたごたし
今や家族以外は信頼できないと言ったところだ。

さらにロシアゲート疑惑解明に向けてモラー特別検査官の
大陪審設置の動きも注目される。

一方日本では内閣が再改造されたものの、
どこまで支持率が回復するのかあやしい。

たいして改造の目玉もないが、一億総活躍に向けて
「人づくり革命」などと活字だけが躍る。

「改革」ならまだしも「革命」など安易に使うなと共産党が
批判しているが、なるほど「革命」など片腹痛い限りだ。

そんなこんなで支持率低迷が円高への切っ掛けに
なるかも知れない。

一線を越えると一気に行ってしまうのが相場でもあり、
真夏の悪夢にはくれぐれも注意しておくにこしたことはない。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR