霊媒師

秋篠宮眞子様と小室圭氏の婚約発表が九州北部の大雨で延期され、
目下のところ11月に正式発表、来夏挙式のスケジュールのようだ。

皇室に関することだけに同氏に関する情報公開は各マスコミともに
控えているようだ。

このような場合欧州の王室では、様々な情報が積極的に公開されて
国民が感想を述べ合い、場合によっては結婚が見送られることがあるとも言われる。

やはり日本では何やら余計な口を指しはさんではならないような
雰囲気が漂うのは、国民の皇室への畏敬か忖度か、それともマスコミへの行政指導か。



そんな中で「週刊女性」が小室さんの父親の自殺、
さらに母親が(あやしげな)霊媒師に傾倒していると詳細を報じている。

お陰で小室さんも信者なのか、眞子さんも入信するのか、
その子供はどうなるのか、そして皇室は影響を受けるのかなど
ネットでは様々な憶測が飛び交っているのだ。

そもそも宮内庁は公表前に身上調査をおざなりにしか
していなかったのではないか、などとの批判も出てもいる。

実際宗教と国家権力との関係は、遠くは卑弥呼に始まり、
弓削道鏡が孝謙天皇の治世において政治を左右し、また天海和尚
続いて桂昌院を通じて隆光和尚が幕府に影響を与えた故事など多数ある。

ということで皇室と宗教の関係も同様で、この小室家を通じ
宗教が皇室へ影響を与えるのではないか、と危惧されているのだ。



正式発表を前にしているものの婚儀が整いつつある中で
今更身上調査をしたところでどうなるわけでもないだろう。

また今時の結婚は親など関係なく当事者二人の決意の問題であるとは思うが
事が皇室問題となれば能天気に愛があればなどとだけでは行かないだろう。

これまでも雅子妃、紀子妃など皇室に入る人については三親等の信条、
宗教、病歴などが精査されたと言うが、それに引き替えご降嫁については厳格ではなかったようだ。

時代は21世紀とはいえ、やはり事が皇女の結婚となれば
もう少し慎重を期しても良かったのかも知れないのではないか。

しかしそうなるともらってくれる人も居なくなるか。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR