適温相場

2008年のリーマンショックから9年が経過したが、その間NY株価は
6千ドル台から上昇を続け、目下22千ドルと史上最高値水準に達している。

その背景として、アップルやFANGつまりフェースブック、アマゾン、ネットフリックス、
グーグルに代表されるIT関連株が牽引していることがある。

同時にFEDが今ひとつ経済の先行きに確信を持てず引き締めの積極化を図る
ようには見えないことが、現在の「適温相場」と言った過熱感もなく不況感もない
ほどほどの状態がもたらされることになっている。

とはいえすでにS&P500でも株価収益率(PER)が25倍を超えるなど、
バブル警戒域に入っているのも事実で、「適温相場」のいごこちの
良さの終わりに備える必要も感じられるところである。



FEDが景気に確信を持てない一因は、労働賃金が上がらないことで
それが低インフレをもたらしていることから、緩和傾向を脱しきれない。

すでに昨年末から3度にわたり政策金利を引き上げたが、今後については
FED内部で意見の対立が激しい。

現在の米国の雇用状況は改善傾向を辿り、一時の10%台から4.3%と
ほとんど完全雇用状態に近い低失業率にある。

実際労働者不足が表面化し賃金が上昇してもおかしくないところだが、
実態は職場を離れていた人が労働参加を進めているとか、様々
な理由が考えられるが、なかなかその原因に辿りつけないでいる。

つまり失業率とインフレ率は本来トレードオフの関係にあるはずだが、
このフィリップ曲線の下方での水平化が定着してしまったようで
FEDもその対策に苦慮していると言うことだ。

FEDの資産がすでに4.5兆ドルにも達し、さらに債券バブル、資産バブルの
懸念が生じる現状を踏まえるならば、FEDは量的金融緩和から最終的な
出口政策を進めるしかないはずなのだが。



このようにFEDの慎重かつ様子見的な姿勢を好機としてとらえ、
またトランプノミクスへの期待感もいまだ捨てきれないだけに、
まだまだ居心地の良い適温相場で稼ごうとの思惑が市場を支配している。

とはいえ適温相場の語源である英国の童話「ゴルディロックス」の話は、
クマの登場で逃げ出すところで終わる。

つまりクマの留守の間に、ほどほどの熱さのスープを飲み、ほどほどの大きさの椅子、
そしてほどほどの硬さのベッドを楽しんでいた少女ゴルディロックスのお話は
最後に大変なトラブルに遭遇するのだ。

それでは「適温相場」の結末はいかに?

早ければ9月にはFEDが資産圧縮を始める可能性が高く
それが適温相場に激震を与えるかも知れない。

そろそろベア(=クマ)相場の出現に要注意と言うことだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR