和僑

日米を舞台にしたハードボイルド風の犯罪小説家として
デビューして以来、作家・楡周平との付き合い長い。

このところは経済小説にも進出し、目下過疎化が進む
日本の農村をテーマにした作品を書いている。

とくにその代表として地方の過疎問題の解決策として「プラチナタウン」を、
さらにその続編である「和僑」を上梓している。

「プラチナタウン」では宮城県北部の過疎化が進む農村を
活性化するため、商社を退職した主人公が地元に帰り町長となって
老人ホームを誘致し、「プラチナタウン」として復活させる話。

これは伊吹・元衆院議長が石破・元地方創生相に読むように
勧めたとして話題を呼んだ作品でもある。

それから主人公が2期8年を町長として尽力し老人ホームは
8千人の住民で膨れ村は財政破綻の危機から脱する。

しかし20年、30年後の村のビジョンはと言えば、人口減少の波に
飲まれることは必死で、その再生を図る計画を考えるのが今回の「和僑」だ。



「和僑」とは「華僑」や「印僑」のように日本人も海外へ進出すると言う意味だが
実際には日本人は中国人やインド人とは異なり海外へ出るのは苦手。

代わりに日本の農業製品を海外へ売ること、つまり「和僑の里」として
農村を生き返らせ、海外レストランチェーンとの提携を目指す。

実際日本は人口減少に直面しており、とりわけ就労者の平均年齢が
70歳近い農家では跡取りもおらず先細りは必至だ。

とはいえ政府は人口減少や農村の高齢化などの根本的問題に
取り組んでおらず、一自治体がその問題を解決させるのも難しい話。

とりあえずこの小説においてはその村で生産される畜産物、野菜などを
半製品化して海外の提携先へ売ることにより農業の活性化を目指すというもの。



地方の過疎化対策として地方創生大臣および組織が設置されているものの、
やはり今後急速に人口減少が進む日本、とくに農村においての解決は
難しそうだ。

「人口動態は運命だ」と言われるように小手先の対応策では
この大きな問題を解決することは不可能ではないか。

もし地方の実態を知りたい、再生の可能性について考えたいと
思う方がおられれば、この2作をお勧めしておきます。


.


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR