ヤタガラス

過日埼玉スタジアムでハリル・ジャパンはオーストラリアに快勝し
見事ロシアワールドカップへの切符を手にした。

小学2年生の孫息子もサムライブルーのユニフォームを着てテレビ応援し、
さらに翌日その姿で登校したように小学生たちは大盛り上がりした様だ。

ところでこのユニフォームには導きの神そして太陽の化身とされる
三本足の八咫烏(ヤタガラス)がエンブレムとして縫い付けてある。

このカラスは神武天皇東征の折りに熊野から大和の国への道先案内を
したと言われるなどの縁起物で、今も日本代表は出陣の前に熊野三山に
お参りに行くとのことだ。



この三足カラスは、大陸、朝鮮半島でもその神話・伝説に登場する。

現在テレビで観ている韓流ドラマの主役・チユモンも三足カラスの
化身とされており、その軍旗にはこの三足カラスが描かれている。

実際高句麗(北朝鮮)の墳墓や日本のキトラ古墳などの壁画には
三足カラスが描かれているとのこと。

つまり前漢時代の三足カラスの伝承が、朝鮮や日本に広がったのだ。



紀元前後の前漢の文化が半島を経由して日本に伝わるのは、
5~7世紀ぐらいだろうか。それともそれ以前か?

663年に日本が白村江で敗れたあと唐・新羅の占領軍が
やってきたが、遅くともその頃までに大量の大陸文化がもたらされていたのだろう。

実際日本国を作った藤原不比等の父中臣鎌足は百済からの
帰化人とされ、天智天皇からその功績に対し藤原の姓を下賜された。

そして不比等が記・紀を編纂して神話をさらに律令国家を作る。

この結果、表には天皇家が立つものの、裏では完全に藤原家が縁戚関係を
背景に300年にわたり国家を支配することになる。

そして桓武天皇も母が百済からの帰化人であったことから、その末裔たる
現代の天皇家も同様に朝鮮の流れを汲んでいることは明らかだ。

どちらにしても日本は歴史的・文化的に大陸そして半島の延長に
あったということだ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

北円堂の秘密

スマホで無料で読めるWEB小説のご紹介です。短編なので小一時間で読破出来ます。挑戦してみては如何ですか。世界は広いと感じる筈です。時間軸においてですが。
WEB小説「北円堂の秘密」が今夏の隠れたベストセラーと知ってますか。
グーグルで「北円堂の秘密」と検索するとヒットするので無料で読めます。
世界遺産・古都奈良の興福寺・北円堂を知らずして日本の歴史は語れないと云われています。
日本文化発祥地の鍵を握る小説なのでご一読をお薦めします。
少し日本史レベルが高いので難しいでしょうが歴史好きの方に尋ねるなどすれば理解が進むでしょう。
今秋、東博では「運慶展」が開催されるが、出陳品の無著・世親像を収蔵するのが興福寺・北円堂である。
貴職におかれてもホットな話題を知っておくことは仕事に少なからず役立つでしょう。
先ずはブログ主様ご本人からベストセラー小説「北円堂の秘密」の読破をされては如何だろうか。
読めば日本史のミラクルワールド全開です。お友達に教える時はネタバレ無しで口コミして下されば幸いです。
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR