アウトレイジ

北野武監督による「アウトレイジ 最終章」が封切られた。

これまでの「アウトレイジ」、「アウトレイジ ビヨンド」の2作も面白かったが
今回も早く映画館に足を運び3部作の完結編を見たいと思っているところだ。

「outrage」とは暴力とか極悪非道といった意味だが、
まさにこの作品はヤクザの世界を描くバイオレンスもの。

東京の山王会と関西の花菱会の抗争に警察が絡んで
複雑な展開を示す。

しかし現実世界はテロが頻発し暴力に直面する時代を
迎えているだけに、今回で打ち止めにするとのことだ。



北野武の人となりについて嫌う人は多いかも知れないが、
その脚本・監督そして古いヤクザを主演する力量には脱帽。

なによりもこの映画が注目されるのは、現代の名優と言われる人が
網羅され、是非出たいと言う役者が列をなしている故である。

実際第4作があれば仲代達矢をと言われるように、仲代以外の
名優の多くはこのシリーズにすでに出演したと言ってもよいだろう。

これまでの出演者を挙げれば、組長クラスに北村総一朗、石橋蓮司、神山繁
に始まり、西田敏行、國村隼、中尾彬、名高達郎、三浦友和など。

そして若頭クラスに椎名桔平、杉本哲太、大森南朋、ピエール瀧、
岸部一徳、さらに刑事に小日方文世、松重豊などお気に入りばかり。

なかでも特筆されるのは塩見三省と加瀬亮。

塩見三省は「琥珀の勉さん」などで良い人の役柄が多かったが、
この映画では病み上がりながら群を抜く眼光と演技力に圧倒される。

そして加瀬亮もお坊ちゃんの印象しかなかったのに今回の演技は出色で、
撮影中に認められて台詞も出番もずいぶん増えたということだ。

ちなみに極道の妻シリーズとことなり女優はほとんど出ていない。



北野監督曰く、ヤクザ世界もviolenceを除けば現実の
人間世界と全く同じだとのことだが、実際現代政治とりわけ
「希望の党」の周辺でも同様。

目下「女ヒトラー」と言われるなど「排除の論理」を掲げる小池党首
および小池新党はネガテイブキャンペインに晒されて泥船状態。

さらに都議の造反で暴露されたが、都民ファーストは都議から「見かじめ料」や
「上納金」のように取り立て、集会禁止、発言禁止令を出しているとかで
ヤクザやブラック企業も顔負けだとも。

表の世界も裏の世界も所詮人間の集まるところは
どこも同じと言うことか。


.


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR