サウジ

建国85年のサウジアラビアでは内政・外交両面で緊張が
高まっており、今後の中東情勢流動化の震源地になる可能性が高まっている。

そもそもサウジにおいては人口増大、石油価格下落で経済状況が
悪化していることに危機感を強く感じているのが、32歳のムハンマド皇太子。

就任以来、脱石油を目指すなどトップダウンで一気に国家改造を進めようと
サウジアラムコのIPOを進めている。

その改革を進める中で反対勢力と言われる王子11人はじめ、閣僚、
実業家など200人ほどを過日汚職の嫌疑で拘束した。

実際はリヤドのリッツカールトンという拘置所とは思えないところに
幽閉したと聞けばさすがにお金持ちの国だと感心するばかり。

とはいえサウジの国内の動きは新たな紛争の火種になる可能性が大きい。



サウジは初代国王アブドル・アジズ国王以降の2代目から現在の7代目
サルマン国王(25番目の王子)までその子息にあたる第2世代の
王子たちが継承してきた。

現在のサルマン国王が即位したのは2年前だがすでに81歳。

したがって国政は自らの(何番目か分からないが)息子ムハンマド
皇太子に任せており、さらに早々と第3世代のトップを切ってこの
皇太子に国王を譲る腹積もりだとされる。

このように王子と呼ばれる人は数百人もおり、また王族は15000人に
及ぶと言われるだけに、その王位継承や国家経営などには様々な
難しいことがあるだろう。



ところで目下の中東情勢はIS問題がほぼ終息して一段落したものの、
対IS作戦でシリア、イラク、さらにはヒズボラなどと連帯を深めたシーア派大国の
イランの存在感が巨大化した。

スンニ派の代表であるサウジはこの状況に緊張を高めていることから
イランの影響を受けるレバノンやイエメンさらにはカタールなどとの
外交関係の対立が表面化している。

2017年は北朝鮮リスクに明け暮れたが、2018年は中東における
地政学リスクが一気にクローズアップされることになりそうだ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR