FC2ブログ

欧州に影

2017年の欧州は英米発の自国第一主義が押し寄せる中で各国での
選挙が目白押しとなり、欧州リスク拡大とユーロ低迷が懸念された。

しかし実際は5月フランスでマクロン大統領が選出されて
独仏の主軸が安定したことで、欧州の政治リスクが一気に縮小した。

さらに経済成長が好調ぶりを発揮し、加えてECBによる
脱金融緩和策への流れが加わってユーロ高が進んだ。

このように年初には、世界でもリスクの高い地域のひとつと見られた欧州が
終わってみれば最高のパフォーマンスの地域になって越年することになり
そうだったのだが。

欧州で最も安定度の高いメルケル政権が9月のドイツ議会選で議席数を
減らし、以来2か月連立協議がまとまらず組閣できない状態が続いており、
欧州の政治空白が再び意識されるところとなった。



もともとメルケル首相率いるCDU、CSUとともに第2党のSPDが
議席数を減らし、連立を拒否したことが事の発端。

この間、環境保護の緑の党とビジネス界を代表するFDP(自由民主党)との
3党連立協議を進めてきたが、移民問題で緑の党の受け入れ積極化、一方
FDPは消極化で譲歩できず、結局もの別れに終わった。

再選挙をするのかCDU・CSUが少数与党内閣を発足させるのかの選択
となるが、どちらにしてもメルケル首相の指導力はこれまでの12年とは
異なるものになる。



メルケル首相は欧州を代表する経済大国の代表者であるとともに、何より自由主義や
民主主義、寛容の精神と言った伝統的な西洋の精神を代表する存在であったと言える。

またG20でみてもプーチン大統領の次に長くトップにあり、
何よりも欧州安定に向けての象徴的存在ともいえる。

ここでメルケル首相の政治空白が長引けば、再度ユーロの政治リスクが
市場の注目を集めることになるだろう。

2018年はイタリアでの総選挙、英国との離脱交渉、ギリシャの
債務軽減問題などが控えている。

また自国第一主義の流れはいったん小休止したように見えたものの
極右勢力と中道とのせめぎあいは続くことになりそうだ。

求心力と遠心力のせめぎあいが続く欧州は再び下落リスク
に遭遇することになりそうだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR