戌笑わない

「戌笑わぬ2018年の円高シナリオ」と題して
ロイター通信に寄稿しました。

ご笑覧いただければ幸いです。

(要旨)

以下3つの理由により2018年は株高・円安のリスクオンシナリオ
は考えにくく、円高の1年となりそうだ。

①日本は五輪、改元を前にミニバブル状態となっているが、
 これまでの経験則から間もなく破裂することになるだろう。

②さらに構造的問題が円高要因としてのしかかる。
  つまり生産年齢人口は2022年まで女性や高齢者の活用で増加するが、
  それ以降は総人口の減少に伴い急激に減少トレンドとなり、
  もはや経済の浮上は考えにくくなる。

③また金融の正常化への動きが米欧日で進むが、最も市場に
 インパクトを与えそうなのが出遅れ感のある日銀。

 つまり日銀が重い腰を上げて金融政策の修正を始めた際の
 円高へのインパクトは途方もなく大きいものだと覚悟する必要があるだろう。

https://jp.reuters.com/article/column-forexforum-yoji-saito-idJPKBN1FB083


.


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR