羽生と羽生

2月17日(土)は羽生結弦と羽生善治の決戦の日であり
筆者はその日を楽しみに待っている。

平昌五輪で2連覇を狙う羽生は公開練習とインタビューで
絶対王者の風格を漂わせ、4回転ジャンプを華麗に飛んでは
ファンの不安を取り除いてくれた。

日本選手は五輪でまずまず活躍し銀銅のメダルラッシュが続く。

とはいえ金メダルは羽生以外には相応しくないということのようで
羽生の登場までお預け状態だ。

ちなみに決戦の日程は16日(金)がショートプログラムで
フリーは17日(土)。

4回転トウループとかルッツとか違いは分からないが
ただただ成功を祈るばかりだ。



一方の羽生善治。

過日は首相官邸で国民栄誉賞を授与されたが
その席にはお嬢さんが同伴したとか。

将棋一途の少年が今や立派なお父さんかと思えば
なんとも微笑ましい。

そして2月17日、藤井聡太五段と朝日杯の準決勝で
新旧激突する。

藤井と羽生、両者のファンを自称しているだけに
この一番どちらを応援して良いのか困ったものだ。



果たして2月17日はどうなるか?

羽生には金メダルをそして羽生には藤井五段に勝利して
若者が大きく成長するためにも壁となってもらいたい。

ともかく二人の活躍は2日後に迫った。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR